3ピースジョイントタイプの8センチリップレスミノー「ABONI J3P」が登場

KEN ABONIから、3ピースジョイントタイプのリップレスミノー「ABONI J3P」が登場しました。
aboni-j3p001-1

ABONI Miracle popperをベースにしたルアーで、8センチのコンパクトボディながら3ピースのジョイントボディになっており、ポップ音とアルミのフラッシングと合わせて複雑なアクションでアピールします。
シャローエリアをこれまでとは違うアプローチで攻めたいときに有効なルアーです。

KEN ABONIさんによるレポートでも実績を紹介しています。
新作ジョイントミノーでスズキ76センチ(KEN ABONI)
新作ジョイントミノーでスズキ52センチ(KEN ABONI)

カラーバリエーションは「レッドヘッド」と「アユ」の2色。

詳しくは商品ページをご覧ください。

ABONI J3P

ABONI J3P

人気のC-moonフローティング再入荷&新色追加

品切れの多かったMOMONGAの「C-moon 60 フローティング」に新色を追加しました。
momonga-150726-001
人気のナチュラル系カラー「バルサ」に加え、新色「トースト」「ナチュラルグレー」「アマゴ」「アユ」もラインナップ!

瀕死の小魚をリアルに再現したC-moonは、トラウトだけでなく、バスやソルトウォーターの釣りでも実力を発揮してくれるはずです。

ルアーについて詳しくは商品ページをご覧ください。

C-moon

C-moon フローティング

スプラッシュポッパーに新色が登場(takaルアー)

品切れになっていましたtakaルアーのスプラッシュポッパーの新色が入荷しました!
taka-lure-150724-001
左から、茶、ココア、木目、黒。

全長2.2センチの極小サイズながら、大き目のカップで派手にアピールします。
腹側に板オモリを貼ってチューニングすることで、スプラッシュの大きさを変化させることが可能です。

これからの季節、虫パターンで活躍してくれることでしょう。

ルアーについて詳しくは商品ページをご覧ください。

スプラッシュポッパー

スプラッシュポッパー

ノイジー系ビッグベイト「アイルビーバックローラー」「メタボリックローラー」を追加

ボーダーヘイズで初めてのノイジー系ビッグベイトが入荷しました。

UBG-Kの「アイルビーバックローラー」
ill-be-back001
マットなブラックボディのジョイントタイプ。
ミディアムタックルでも扱える中量級のルアーです。

同じく「メタボリックローラー」
metabolic001
こちらはヘビーウエイトのルアーで、ナイトゲームを想定し、視認性の良いイエローバックとなっております。

ルアーの詳細はUBG-Kのページでご確認ください。

イベント「WEEKEND BASE」に参加しました

7月18日(土)、19日(日)に東京・青山で開かれたイベント「WEEKEND BASE」に参加しました。
event-150718-003

ボーダーヘイズは、18日(土)にポップアップギャラリーという展示スペースでルアーを展示。
event-150718-001

event-150718-002
販売はできませんでしたが、多くの方に見てもらうことができました。

暑く厳しい釣り―ペレットタイム振るわず(工房 スロータイム)


※  ※  工房 スロータイムによる釣行レポート  ※  ※

平成27年7月15日(水)、川場FPさんに行ってきました。
slow-time150716-002
本日の前橋の最高気温は35度で・し・た・か。

沼田FPさんに行く予定でしたが、釣り場に行ってみたところ、高水温のため、夏期クローズドの表示があり、少しがっかりしたものの気を取り直し、比較的近い川場FPさんに向かいました。
自分は気にせず、1年中、エリアトラウト釣行してますが、ひょっとして、世間的にはシーズンオフなんだねと、しみじみ感じました。

出だしが少し遅れ、午前7時から釣りを開始します。
水の流入するところで釣り始めます。
ここ川場さんは、水はクリアなので、自作のペレットタイムを投げますが、反応がありません。
次に、ペレットタイム虫カラーや先日釣果を上げたスポンジボブカラーで反応を見ますが、これもダメです。
ペレットタイムの虫シリーズを次々と投入してみますが、反応がなく、ペレット系カラーに戻したところ、ようやく反応したものの釣れません。

ファーストフィッシュは、最近出番のなかったミニシケイダーのサンスイオリカラです。
これが今日のパーンと勘違いし、連投するものの若干の反応があった後は、また、反応がなくなってしまいました。
バービーフローティング、ライス22と続けて投げて、ライスの方は2匹釣れました。
バービーフローティングは、反応なしです。厳しい夏パターンです。

タイニークランクベイトは、何とか行けそうと思い、いろいろローテーションしてみたところ、プチモカフローティングでようやく1匹釣れました。

でも、後が続きません。
スプーンも試してみますが、全く反応なしです。

仕方なく、Xスティックを投げてみます。
自分なりの夏パターンでは最強のルアーのひとつです。
1投目から反応があり、カラーローテーションしながら、10連装です。
さすがによく釣れます。
がしかし、ここまで釣ったとたん、急に反応が悪くなり、またも釣れません。
また、ペレットタイムを投げて、ヒットするものの釣れません。
先ほど、釣れたタイニークランクを再度投入です。
ヒットルアーの絞込みに手間取ったもののプチモカフローティングが反応がよく、カラーチェンジしながら、4連装です。
この日はブラウンが反応がよく、同じプチモカでもスローシンキングは全くダメでした。

続いて、大好きな(*どっこい製作所さん)リアルスローシンキングのポテトブラウンですが、いつものように中層をリフトアンドフォールしながら巻き、1匹釣りました。
厳しい中でも、結果を出してくれました。ここ最近は、必ず、リアルスローシンキングで釣果を上げてます。
が、後が続きません。
slow-time150716-001

まだ、投げていない自作のリアルスローシンキングモドキを投げてみたところ、これが好反応で6連装。とてもよく釣れます。
slow-time150716-003
slow-time-150716-004
画像の一番上がオリジナルのリアルスローシンキング(*ポテトブラウン)、まん中がモドキの自作ルアー(*色もポテトブラウンモドキ)、一番下がペレットタイムまん丸です。
モドキは、オリジナルリアルより1回り小さく、表面がペレットのようなつぶつぶ仕上げで、オリジナルリアルより更にスローに沈下するペレットタイプルアーです。
でも、まだ自分なりの標準的な形はなく、数個作成したものの、サイズ、形状、沈下速度とも、それぞれ微妙に違う状態です。
これぞ、ザ・ハンドメイドルアーといったところです。

ここまでで、釣りはじめて、4時間ほど。あと1時間ですが、猛烈に暑い。
だんだんと、反応が悪くなってきているのがわかり、これからの時間帯は釣るのは難しそうです。
どの道、なかなか釣れないなら、好きなルアーで釣りたいと思い、リアルを中心にどっこい製作所さんのルアーを次々と投げてみるも1匹も釣れず、タイムアップとなりました。
とても暑く暑く、厳しい釣りでした。

ここ最近の釣行では初めて、オリジナルペレットタイムで1匹も釣れませんでした。
川場さんのような広い釣り場では、小さく目立たないオリジナルペレットタイムでは釣りづらいのかもしれません。
ただ、一方で、自作のリアルスローシンキングモドキは反応もよく、とてもよく釣れました。
オリジナルペレットタイムよりもやや大きめのペレットルアーの作成も検討すべきか思案中です。

※  ※  ※  ※  ※  ※

工房 スロータイムの「ペレットタイム」「ペレットタイム まん丸」は、現在ボーダーヘイズのショップにて販売中です!

ペレットタイム
ペレットタイム

ペレットタイムまん丸
ペレットタイム まん丸

虫タイプのペレットタイム試作(工房 スロータイム)

工房 スロータイムからの試作情報です。

※  ※  ※  ※  ※  ※

以前、作成した虫絵入りのペレットタイムを作成しました。
slow-time-150714
(*上が紙シール使用で、下が透明シール使用です。)

以前作成したのと違うのは、虫が紙シールから透明シールになったことです。
慎重に周りを切り抜いたつもりでも、虫の周りに不自然に白い紙の部分がどうしても残ってしまい、その点は改善されています。
ただし、シールを貼ったうえから、セルロースをどぶ付けすると、うっすらと油が滲んだようになり、やや曇ったゴーストカラーのような状態になってしまいました。
シールは粘着力もあり、意外としっかりとくっつきますが、やや厚みがあるためか、平らな面でないとうまく付かないようです。

ややゴースト系カラーのこれも悪くはないです。

次回の釣行で試しまして、結果をレポートします。

※  ※  ※  ※  ※  ※

工房 スロータイムの「ペレットタイム」「ペレットタイム まん丸」は、現在ボーダーヘイズのショップにて販売中です!

ペレットタイム
ペレットタイム

ペレットタイムまん丸
ペレットタイム まん丸

仮面ライダーとショッカー隊員(工房 スロータイム)

工房 スロータイムからの試作情報です。

※  ※  ※  ※  ※  ※

今度は、仮面ライダーとショッカー隊員のペレットタイムを作成してみました。

新たな戦力として、鱒の捕獲に活躍してもらいます。
ま、そもそも、まだ使ってない状況であり、ほんとに釣れるのか?ということはあるんですが・・・。 
また、スポンジボブで釣れたので、仲間のパトリックも作ってみました。
ピンク色なので、アピールカラーが有効な場面で効きそうです。

次回の釣行で試しまして、結果をレポートします。

※  ※  ※  ※  ※  ※

工房 スロータイムの「ペレットタイム」「ペレットタイム まん丸」は、現在ボーダーヘイズのショップにて販売中です!

ペレットタイム
ペレットタイム

ペレットタイムまん丸
ペレットタイム まん丸

BASE ショップオーナー MEETUPにボーダーヘイズが参加します

ボーダーヘイズが利用しているショッピングカート「BASE(ベイス)」が主催するイベント、BASE ショップオーナー MEETUPに参加することになりました。

BASEを利用しているハンドメイド作家さんなどのショップオーナーのための交流会。
商品を展示することもできるそうなので、当店もお預かりしているルアーを持っていきますよ。

早速、出展ショップ一覧に当店も掲載されております。
base-150702

7月18日(土)と19日(日)の2日間開催ですが、ボーダーヘイズは1日目の18日(土)のみ参加します。

ショップオーナーさん以外も参加OKということですので、ボーダーヘイズのラインナップを実際に見てみたいという方は是非お越しください!

[開催日時]
2015.7.18(SAT).19(SUN) AM11:00-PM21:00

[入場料]
無料

[開催場所]
COMMUNE246
東京都港区南青山3-13
3-13 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo
地下鉄「表参道」駅「A4」出口から国道246号を外苑方面に徒歩2分

イベントについて詳細はウェブサイトへ。