ゆるペレに高反応/ミミズルアーでも釣果(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行レポート  ※  ※

川場FPさんに行ってきました。

午前6時頃から釣りを開始します。
初めての土曜日の釣行です。
休日だけあって、すごい人混みです。

前回と同じ場所に入りたっかたのですが、既に釣っている人がおり、残念ながら、近くの 別の場所で釣りはじめます。
他にもよさそうなポイントはあるものの、既に人がびっしり入っており、今ひとつといった感じのポイントしか空いてませんでした。

先日、実績のあった自作クランクベイト(*以後「ゆるペレ」と呼びます。ゆるゆると揺れるように動くペレットルアーのため)を中心に自作のペレット系ルアーを投げますが、反応なしです。

気分を変えて、クランクベイトを試すと、この日初めて使う「ちびトロ」に好反応で、カラーチェンジをしながら、5匹釣れました。
しかし、ここまで釣ると反応が悪くなり、当りすらない状況が続きます。
これが、休日の釣り場の特有のプレッシャーが高い状況かと思うと、さにあらず、上手なアングラーはしっかり釣ってます。

自分が、入りたかったポイントで釣っている方も順調に釣果を伸ばしています。
こうなるとこの場所に入れなかったのが残念ですが、こればかりは仕方ありません。

再度、ペレットルアーやスプーン、ミノーなどいろいろと探りを入れてみますが、なかなか釣れません。
また、クランクベイトを投入します。
つぶアン、ふわとろ、エアブロー、ちびパニクラSR、バービー、プチモカなどとローテーションをして、クランクベイトのみで、何とか10匹を追加しました。
つぶアンでは、47.5cmのグッドサイズのロックトラウトが釣れました。

でも、いつもの得意のパターンではなかなか釣れず、再度、自作ルアーやどっこい製作所さんのリアルなども投入しますが、反応なく、厳しい状況が続きます。

仕方なく、Xスティックを投げます。さすがに釣れますが、3連装の後は音沙汰なしです。
自作ルアーの中でも、まだ使ってなかった「らせん状ミミズルアー」を投げてみたところ、1匹だけ釣れました。
slow-time-150929-003

でも、また釣れない状況が続き、とうとう11時を過ぎても、釣果がトータル19匹と厳しい状態です。

11時半を過ぎ、近くで釣っていた2人組の方が帰り支度をし、場所が空いたので、移動して、そこで釣ります。
「ゆるペレ」を投げたところ、なかなか好反応で、20分足らずで6連装です。
slow-time-150929-002
slow-time-150929-001
slow-time-150929-004
釣果が思うように伸びなかったのは、腕やルアーローテーションばかりが原因ではなく、自分がこれまで釣っていた場所も残念ながら今ひとつのポイントだったこともあるようです。

できるならば、平日に釣行をできるようにして、また、ある程度、同じ釣り場さんに通い、ポイントを熟知することが重要だと感じました。(*川場FPさんは今日で3回目です。)
釣った匹数は今ひとつでしたが、今回のように1匹だけでもサイズのいいのが釣れると、それはそれで楽しい釣行となりました。
また、「ゆるペレ」や「らせん状ミミズルアー」などなど、魚を釣った自作ルアーもだんだんと増えてきており、こちらも今後楽しみです。

※  ※  ※  ※

工房 スロータイムのラインナップに、ペレットパターン、虫パターンで使える「ペレ虫」が追加されました!

ペレ虫

ペレ虫

さらに、ペレットタイム、ペレットタイム まん丸には新色を追加!

ペレットタイム

ペレットタイム


ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸

詳しくは商品詳細ページをご覧ください。

人気のC-moonに新色・サイズを追加

人気のリップレスベイト「C-moon」に新たなカラー・サイズのラインナップを追加しました。
より小さな30ミリのC-moon 30、ソルトや大規模河川など大きめのフィールドで使いやすい70ミリのC-moon 70を追加し、サイズのバリエーションを拡大。

さらに、ファットタイプのC-moon 30 piggyが新たに登場。
c-moon-piggy-f

シンキングタイプには、新カラー「カタクチ」「マメアジ」が追加となりました。
ソルトでのライトゲーム、シーバスゲームに使ってみてください。
c-moon-s-sea

詳しくは商品ページをご覧ください。
※画像をクリックすると商品ページへジャンプします。

C-moon(フローティング)

C-moon(フローティング)

C-moon(シンキング)

C-moon(シンキング)

ハンドメイドルアー絶好調/川場FPでトラウト多数

※  ※  工房 スロータイムによる釣行レポート  ※  ※

川場FPさんに行ってきました。

午前6時頃から釣りを開始します。
先日と同じ水の流入するところで釣り始め。
前回の釣果でよかった自作のリアルスローシンキングモドキ、リアルと続けて投げますが、反応なしです。
ペレットタイムの虫シリーズのハチ、自作のスモールクランクベイト、ペレットタイム改(*やや細長)を投げたところ、1匹ずつ釣れました。
slow-time-150920-006
slow-time-150920-005
次にクランクベイトを試し、チビパニクラSRを投げたところ、今回も反応がよく、5連装。
がしかし、その直後、キャストミスで杭にラインを絡めてしまって、残念ながら、ロスト・・・。
気を取り直し、バービーフローティングを投げたところ、3連装。
これも直後、またヒットしたのですが、杭の際に逃げ込まれ、ラインが絡まり、ラインブレイクで、ロスト・・・。立て続けのロストでがっくりです。
slow-time-150920-002
続けて、ライス22を投入し、2匹釣れました。
次に、Xスティックを投げて、これでも3匹。
自作のXスティックもどきでも1匹釣れました。
スプーンでも、釣ってみたいとプリッジを投げ、これで2連装。
どっこい製作所さんのピコラミニのポテトブラウンを投げたところ、3連装。

ペレットルアーもまた試そうと思い、自作のリアルスローシンキングモドキ、ペレットタイム(まん丸)投げてみたところ、好反応で8連装。今日もよく釣れました。
いつものどっこい製作所さんのリアルスローシンキング、リアルマイクロも投げてみます。マイクロには当りがあったものの、ヒットせず、今日は残念ながらリアルでは1匹も釣ることができませんでした。

次に、自作のペレット系のクランクベイトを投げてみますが、これが今日の一番の当りルアーで、茶系、赤茶系とローテしながら、20連装と、とてもよく釣れました。
slow-time-150920-003

slow-time-150920-001
正午まで、このヘンテコ自作ルアーで爆釣状態が続き、納竿となりました。
前回に引き続き、2個のルアーをロストしましたが、半日で50匹ほどの釣果を上げることができ、楽しい釣行となりました。

やや大き目の赤茶系の方は釣れ過ぎで、大きいサイズを釣った訳でもないのに、フックが疲労で折れてしまいました。
#10と小さ目の細軸フックではありますが、半日足らずで、釣れ過ぎでフックが折れたのは初めてです。

自作のペレット系のクランクベイトですが、形状は、ヘドンのタドポリーを押しつぶした感じで、超小型のスローシンキングで、泳ぐときは、タドポと上下が逆の状態で泳ぐといえば、近いイメージでしょうか。
slow-time-150920-004
作り込みが甘く、中学生の夏休みの宿題で作ったといってもおかしくないようなデキで、ビルダー本人も全く期待してなかったので、よく釣れてしまい、本当に驚いています。
動きは、どっこい製作所さんのピコラミニと対照的で、スローに巻くとちょっと見だと全く動いていないように見えますが、よく見るとボディーがゆっくりとゆれ、時々イレギュラーなゆれが入る感じで市販のルアーでは全く見たことのない妙な動きです。ミディアムスピードで巻くと初めて、ほんとにゆっくりとウォブリングするといった感じで、この日は超スローリトリーブの棒引きで使ってました。

この日は、ハンドメイドルアーの威力をまざまざと感じさせられました。
市販品にないオリジナルな動きや形状、アピールなどが、時としてとんでもない釣果を引き出すと痛感しました。

※  ※  ※  ※  ※  ※

工房 スロータイムの「ペレットタイム」「ペレットタイム まん丸」は、現在ボーダーヘイズのショップにて販売中です!

ペレ虫

ペレ虫

ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸

ペレットタイム

ペレットタイム

ペレット・虫パターンに効く、ローアピールポッパー「ペレ虫」入荷

工房スロータイムの新ルアー、ペレ虫が入荷しました。

頭を上にして垂直に浮くタイプの極小ポッパーで、水面を意識したトラウトに効果的です。

ペレ虫

ペレ虫

さらに、ペレットタイム、ペレットタイム まん丸には新色が追加されました。
これまでは3個セットでの販売でしたが、今回からバラ売りとなりましたので、お好きな組み合わせで購入できます。

ペレットタイム

ペレットタイム


ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸

3個セットのものは在庫分で終了となりますので、ご了承ください。

KEN ABONIのジョイントミノー「J3P」、スリムなリップレスミノー「Miracle popper slim」に新色追加

KEN ABONIのジョイントミノー、ABONI J3Pとスリムタイプのリップレスミノー、ABONI Miracle popper slimに新色を追加しました。

いずれも川シーバスやチヌなどに多数の実績があるリップレスミノーです。
ken-aboni-150901-001

詳しくはルアーの紹介ページをご覧ください。

ABONI J3P

ABONI J3P

ABONI Miracle popper slim

ABONI Miracle popper slim

ABONI Miracle popper slimでセイゴ(KEN ABONI)

※  ※  KEN ABONIによる釣行レポート  ※  ※

8/31 朝夕が少しだけ秋に近ずいた気がする今日ですが、久しぶりにまとまった雨が降ったので近所の川(一ツ瀬川支流三財川)へ釣りに出かけました。
その日の夕方三財川の上流、清水地区の川は前日からの雨で増水して濁りも有りました。
アップストリーム、ダウンストリームをクロスを交えながら交互にキヤストし、スローリトリープ
で4投目にセイゴクラスのシーバスがヒツトしました。
ken-aboni-150901-001
ken-aboni-150901-002
ルアーは、Miracle Popper Slimのアユカラーです。

日没後、下流の鳥子の小流れ込みでダウンストリーム、スローリトリープ、でセイゴがヒット、ルアーは同じくMiracle Popper Slim チャートイエローです。
ken-aboni-150901-003
ken-aboni-150901-004

翌日9/1朝、前日と同じ清水川で又してセイゴ1匹ヒット。ルアーは、同じくMiracle Popper Slim アユカラー
ken-aboni-150901-005
ken-aboni-150901-006

※  ※  ※  ※

今回のヒットルアーABONI Miracle popper slimは、ボーダーヘイズで販売中です。

ABONI Miracle popper slim

ABONI Miracle popper slim

沖縄ライトゲーム/Graniでコトヒキ

沖縄・糸満の北名城ビーチで釣りをしてきました。
わかりにくい場所にあるため、県内でも穴場的なビーチです。
泳ぐ人は少なく、カヌーや釣りなどのマリンスポーツのスポットとなっています。

遠浅の砂浜と岩場で構成された、典型的なサンゴ礁の海岸。
北名城ビーチ
天候は薄曇り。
満潮まで2時間ほどの時間帯。
台風が去ったばかりということで水が濁っており、あまり良いコンディションとは言えませんでした。

まずはコルトプレインフィッシングワークスの「Grani(グラニ)」で様子を探ってみます。
Graniは、「日本の魚を釣るプラグ」というコンセプトで開発された、オールマイティに使えるリップレスベイト。
頭の部分に水を受けて細かくアクションするバイブレーションタイプのルアーです。

波打ち際で小魚がざわざわしており、期待度は高かったのですが、しばらくはチェイスも無く沈黙。

20分ほど投げ続け、岸から3メートル程度のエリアを岸と平行に引いていたところで、ようやくヒット!
ごつごつとトルクのある引きで上がってきたのは、20センチほどのコトヒキでした。
Graniで釣れたコトヒキ
湾曲した縦縞が特徴的な、沖縄のライトゲームではポピュラーな魚です。

ヒットルアーはコチラ。※画像をクリックするとルアーの紹介ページにジャンプします。

Grani(グラニ)のBL-G(ブルーゴールド)

Grani(グラニ)のBL-G(ブルーゴールド)

スローシンキングのため、シャローエリアでも根掛かりを気にせずに使えます。
引き抵抗はかなり軽く、軽いロッドアクションで簡単にヒラ打ちします。
当日は風と波が強めで、ルアーの動きを把握しながら思い通りのアクションを入れるのは難しかったです。
水面が穏やかなエリアなら、さらにポテンシャルを生かせると思います。

続けて投げますが、後が続かなかったため、ルアーをチェンジ。

MOMONGA「C-mooon 60」のフローティングタイプ。
瀕死の小魚を模したゆるアクションで誘うリップレスベイトです。

たまにトゥイッチを入れながらデッドスローで引いていると、さっきと同じように岸から3メートルほどの場所でヒット。
が、波打ち際まで寄せたところでバラシてしまいました。
引きの感触から、さっきと同程度のサイズのコトヒキだと思われます。

その後はチェイスも無く、納竿となりました。

ヒット(バラシ)ルアーはコチラ。※画像をクリックするとルアーの紹介ページにジャンプします。

C-moon 60 フローティング(ブラックウォッチ)

C-moon 60 フローティング(ブラックウォッチ)


もとはトラウトをターゲットに想定して開発されたルアーですが、海でも問題なくアクションしてくれました。
体を倒した姿勢で、浮いているだけで瀕死の小魚をリアルに演出します。
ジャーキングでヨタヨタとアクションしながら潜り、ストップすると元気なく浮き上がります。
基本的にはデッドスローで使いますが、トゥイッチを入れながら早めに巻いてもしっかり泳ぎます。

スローではペンシルベイトとミノー、早引きではスプーンのようなアクションをします。

こちらも、比較的波の穏やかな場合に使いたいルアーです。

※  ※  ※  ※  ※

ボーダーヘイズでは、お買い上げいただいたルアーによる釣行記をお待ちしています。
使用したルアー、フィールド、天候などの状況、釣れた魚、ルアーの使用感など、写真とともにお送りください。
あて先はinfo@border-haze.comまで。

工房スロータイムの新製品「ペレ虫」、「ペレットタイム」新色を近日リリース

工房 スロータイムから、新製品「ペレ虫」と「ペレットタイムの新色」リリースの情報が入りました。

※  ※  ※  ※

新製品の「ペレ虫」は、沼田FPさんで実績があります。
slow-time150902-001
色はペレットタイムと同色の6色(ダークグリーン、ダークブラウン、ブラウン、グリーン、ライトブラウン、コゲレンガ)。
予定価格は税込900円です。

市販のルアーにない約13ミリの極小サイズで、表層への反応はいいものの魚がスレ気味で、岸近くに魚が集まっている状況で使っていただけたらと思います。
究極のローアピールトップウォータールアーです。
トップウォータールアーの宿命でフッキングがやや難しいため、釣果では、ペレットタイムの方に軍配が上がりますが、ゲームとしての楽しさはこちらが上です。
口の部分のみを水面に出して、ほぼ垂直に近い状態で浮き、ギリギリの浮力しかありませんので、スナップは小さめのものを使用してください。
ごく軽くシェイキングしてステイ、モゾモゾ動かしてステイ、ほっとけなどで実績があります。
slow-time150902-002

また、ペレットタイムの新色も販売します。
ライトブラウン、グリーン、コゲレンガの3色を販売します。
slow-time150902-004
slow-time150902-003
いずれも、現在販売中の色より明るめの色です。
各色ともよく釣れてますが、沼田FPさんでは「コゲレンガ」、川場FPさんでは「ライトブラウン」で特に高い実績が出てます。
slow-time150902-006
slow-time150902-005

なお、次回出品分から、1個ずつのバラ売りとさせていただき、1個税込800円で販売予定です。
購入検討中の方は、現在販売中の3個セットの方がお買い得となりますので、ぜひ早目の購入を御検討ください。
今後、出荷分は、全てばら売りとさせていただきます。
また、装着フックは、細軸#10に変更してます。

※  ※  ※  ※

いずれも現在製作中とのこと。
9月中には販売できる見込みだということですので、お楽しみに!

※  ※  ※  ※

工房 スロータイムの「ペレットタイム」「ペレットタイム まん丸」(3色セット)は、現在ボーダーヘイズのショップにて販売中です!

ペレットタイム
ペレットタイム

ペレットタイムまん丸
ペレットタイム まん丸