ウェーディングで、河口を回遊するビックバスをゲット(アッパーリップベイト)

※  ※  アッパーリップベイトによる釣行記  ※  ※

2016年7月21日、晴れ、北東から強めの風、波やや高め、水若干マディー、17:30にポイント琵琶湖・真野川河口に着、普段は4~5人のアングラーをよく見るのだが、本日は他のアングラー無し。風向きにあわせて南に面したエリアで、マグース・バーブ付(センターフック無し)をキャスト。
河口に集まる魚を狙ってバスが回遊してくる。今年は小魚への意識が高いようで、マグースへの反応がいい。小魚があまり跳ねていなかったので、10~15秒カウントダウンして釣れた。
スレたバスに対して、常に竿先にルアーのバイブルを感じる程度のリトリーブスピードがベストで、それより遅いと、カカリが浅くなりバラシやすくなり、早いと、追いきれずにアタリが減少する。
1時間30分で、バラシも無く、20~25cm位の子バス6匹と、15cmのブルーギル1匹を含む、49cmのブラックバス1匹をゲット。
upper-lip-160724-002

upper-lip-160724-001

upper-lip-160724-003

そのビッグバスは、引きに重みがあった。ジャンプされないようにゆっくりと、しかし、ウィドー等に潜り込まれないようにゆるすぎず、慎重に引き寄せ、最後は浜辺にズリ上げて無事ランディング。
小魚が深場に移動したのか、19:00前からアタリが減少したので納竿。

※  ※  ※  ※

アッパーリップベイトのマグースは、ボーダーヘイズで販売中です。

アッパーリップベイト「マグース」

アッパーリップベイト「マグース」

幼虫ルアー、ブドウ虫ルアー等、新作虫ルアーの試し釣り(工房スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

釣行日:平成28年7月22日(金)(*昨日です。)7時から4時間 朝の気温18度
天 気:曇り後雨
本日は、新たに作成した「幼虫ルアー」、「ブドウ虫ルアー」と「ミミズルアーⅡ型」を使ってみることを目的とした釣行です。
本日一番のヒットルアーはこちら。ペレットタイム粒丸(ダークブラウン)です。トータル10匹ほどです。
slow-time-160723-001

ペレット系ルアーは、散発的にポツリポツリと釣れた感じです。
どっこい製作所さんのオカピでも、5匹ほど釣れました。
他には、こんなルアーでもヒットしましたよ。
ミミズ型ルアーⅠ型及びⅡ型、ブドウ虫ルアー、ペレットタイム粒丸(簡易自塗版)パニクラチビ、ミニシケイダーなどなどです。
トータルで25、6匹ほどでした。
slow-time-160723-002

slow-time-160723-003

slow-time-160723-004

雨の降りがかなり強くなってきたため、11時で撤収しました。

工房 スロータイムの「ミルワーム」「ペレットタイム 粒丸」は好評発売中!

ミルワーム ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ペレットタイム 粒丸

ペレットタイム 粒丸
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

C-moon で50オーバーのブルックトラウト

お客様から釣果写真をいただきました。
c-moon-160721-001
C-moonで釣り上げた中禅寺湖のブルックトラウトです。

がっちりとC-moonをくわえています。
c-moon-160721-002

※  ※  ※  ※

C-moonは、弱った小魚をイメージしたゆるーいアクションで誘うペンシルベイトです。
詳しくは商品ページをご覧ください。(人気商品のため、一部欠品がございます。ご了承ください)

画像をクリックでC-moon フローティングの商品ページにジャンプします

画像をクリックでC-moon フローティングの商品ページにジャンプします

ウェーディングで子バスと戯れる(アッパーリップベイト)

※  ※  アッパーリップベイトによる釣行記  ※  ※

2016 年7月7日 琵琶湖大橋の西横、ウェーディングで、子バスと戯れる
17:00より釣行。曇り、少し強めの向かい風、波やや高めで若干釣づらい。
周囲にアングラーはいない。

この日は日中30℃以上で蒸し暑かったが、ウェディングは夏の暑さを和らげて涼しい。

先ず、キャロライナーリグをキャストするが、底にウィドーがあり釣りづらくノーヒット。
次に、ウキキャロをキャストするが、強めの波風でアタリがわかり難く、20cmのブラックバス1匹のみ。

18:30から、マグース・バーブレス、センターフック無しをキャスト。
マグースがウィドーの上をスロースピード、しっかりしたウォップリングで泳ぎ、19:30までの1時間で、15~25cmのブラックバス4匹と、23cmブルーギル1匹ゲット。ブラックバス4匹バラシ。

スレいるので、フッキングも皮1枚等で、ウィードーがあると、急にそこめがけて潜り込もうとする等、ランディングするまでの攻防にスリルがあった。

upper-lip-160720-002

upper-lip-160720-003

upper-lip-160720-004

upper-lip-160720-001

※  ※  ※  ※

アッパーリップベイトのマグースは、ボーダーヘイズで販売中です。

アッパーリップベイト「マグース」

アッパーリップベイト「マグース」

マグースで子バスやギルと戯れる(アッパーリップベイト)

※  ※  アッパーリップベイトによる釣行記  ※  ※

2016年6月29日 琵琶湖・南西でブラックバス
17:00釣行開始、由美浜は遠浅で、南側は砂浜で、北側は石畳になっている。
小雨、やや強めの向かい風の為か他にアングラーが1人のみだった。
砂浜は浅すぎたので、石畳で、ラインは8lbPEメインラインに8lbフロロのリーダーで、マグース・バーブレス、センターフック無しでトライした。
ハードルアーでのキャスト&表層スローリトリーブを繰り返す中、19:30までの2時間30分で、10~18cmのブルーギル13匹に、20~27cmブラックバス5匹をゲットした。
バラシも殆ど無く、子バスでも、ジャンプしたり、左右に走ったりと小気味良くファイトしてくれた。

upper-lip-160706-001

upper-lip-160706-002

upper-lip-160706-003

upper-lip-160706-004

※  ※  ※  ※

アッパーリップベイトのマグースは、ボーダーヘイズで販売中です。

アッパーリップベイト「マグース」

アッパーリップベイト「マグース」