ハイプレッシャーな中、ゆるペレできれいなタイガートラウトをゲット(工房スロータイム)

日本イワナセンターさんに釣行してきました。
釣行日は、平成30年5月2日(火)で、6時から11時の5時間です。

朝一番の気温13度。
同じく朝一番の水温11度。
天気は薄曇り。気温天候等からは、絶好の釣日和なのですが、連休中日だけあって、すごい混雑でした。

一番奥の10号池で釣ります。
普段の平日のイワナセンターさんは、多少は釣るスペースに余裕があり、ルアーを巻くコースを若干変えたり、移動して、別の場所で
釣ったりできるのですが、この日は全くダメ。
ひたすら、同じ場所で、同じコース取りでルアーを投げることしかできない状況でした。

朝一番は、スプーンを投げてみましたが、1投目からヒットするものの1匹も釣れません。

小さめのクランクベイトをローテーションしながら投げると、ノラクラ、バービー、ブランキーなどで釣れますが、連装はしません。
クランクで反応が悪くなってから、水牛の角スプーンでも釣れました。

普通に攻めても釣れないので、Xスティックルアーを使ってみると、さすがに釣れます。
カラーローテをして、4匹釣りました。

次に、ペレットタイムスリムを使うとこれも、5匹とまずまずの釣果で、40cmほどのまずまずのサイズも釣れました。
ペレットタイムスリムは、スロー巻きに時折ストップを入れるように使いました。
続きまして、ゆるペレにチェンジしてみると、これも5匹釣れます。
こちらは、スローなただ巻きで使いました。

40cmほどのきれいなタイガートラウトも釣れました。(*画像に写っているのはゆるペレの試作版となります。)
普段であれば、そう大した匹数ではないのですが、この日は人も多く、超ハイプレッシャー状態。
5匹ほどでも釣れれば、まずまずの釣果だと思います。

他にも、自作のノーリップ、幼虫クランク、ファー仕様の自作スティックルアー、ペレット仕様の自作のスティックルアーなどで釣ることが
できました。

なかなか厳しい状況でしたが、ハンドメイドルアーでも釣果を上げることができ、一安心です。
ハンドメイドルアーは、他のアングラーさんは使っていないので、多くのアングラーで混みあう中でも、しっかり釣果を上げることができます。
ぜひ、手にとって使ってみて下さいね。