ハイプレッシャーな中、ゆるペレできれいなタイガートラウトをゲット(工房スロータイム)

日本イワナセンターさんに釣行してきました。
釣行日は、平成30年5月2日(火)で、6時から11時の5時間です。

朝一番の気温13度。
同じく朝一番の水温11度。
天気は薄曇り。気温天候等からは、絶好の釣日和なのですが、連休中日だけあって、すごい混雑でした。

一番奥の10号池で釣ります。
普段の平日のイワナセンターさんは、多少は釣るスペースに余裕があり、ルアーを巻くコースを若干変えたり、移動して、別の場所で
釣ったりできるのですが、この日は全くダメ。
ひたすら、同じ場所で、同じコース取りでルアーを投げることしかできない状況でした。

朝一番は、スプーンを投げてみましたが、1投目からヒットするものの1匹も釣れません。

小さめのクランクベイトをローテーションしながら投げると、ノラクラ、バービー、ブランキーなどで釣れますが、連装はしません。
クランクで反応が悪くなってから、水牛の角スプーンでも釣れました。

普通に攻めても釣れないので、Xスティックルアーを使ってみると、さすがに釣れます。
カラーローテをして、4匹釣りました。

次に、ペレットタイムスリムを使うとこれも、5匹とまずまずの釣果で、40cmほどのまずまずのサイズも釣れました。
ペレットタイムスリムは、スロー巻きに時折ストップを入れるように使いました。
続きまして、ゆるペレにチェンジしてみると、これも5匹釣れます。
こちらは、スローなただ巻きで使いました。

40cmほどのきれいなタイガートラウトも釣れました。(*画像に写っているのはゆるペレの試作版となります。)
普段であれば、そう大した匹数ではないのですが、この日は人も多く、超ハイプレッシャー状態。
5匹ほどでも釣れれば、まずまずの釣果だと思います。

他にも、自作のノーリップ、幼虫クランク、ファー仕様の自作スティックルアー、ペレット仕様の自作のスティックルアーなどで釣ることが
できました。

なかなか厳しい状況でしたが、ハンドメイドルアーでも釣果を上げることができ、一安心です。
ハンドメイドルアーは、他のアングラーさんは使っていないので、多くのアングラーで混みあう中でも、しっかり釣果を上げることができます。
ぜひ、手にとって使ってみて下さいね。

ペレット系ルアーの威力を実感 宮城アングラーズヴィレッジ(工房スロータイム)

宮城AV

平成29年12月19日(火)、宮城AVさんに行ってきました。
釣行時間:7時から正午まで
天  気:晴れ  

宮城AV

滝前には見事な氷の柱ができてました。

朝一番はとにかく寒かったです。

本日一番のヒットルアーは「ゆるペレちび」で、釣果は10匹。
投げてゆっくり巻くだけでよく釣れました。
次に釣れたのは、Xスティックで5匹。
うち魚皮貼りに改造したのも1匹釣れました。
サイズじゃない方)、ペレットタイム豆粒などです。

朝一番にプリッジですぐ2匹を釣れたものの後が続きません。
ルアーローテをしはみますが、中々釣れません。
9時半時点で釣果が朝一番のプリッジのみです。

9時半過ぎから、だんだんと暖かくなり、表層付近のトラウトの反応も少しよくなってきました。
スティックルアーを投げると、5匹釣れ、うち1匹は魚皮貼りに改造したので釣れました。

宮城AV

宮城AV

10時半となり、ペレット系ルアーへも反応してくれるようになり、ゆるペレちびで5匹。
また、11時過ぎになり、スタッフさんがペレットを撒いてくれたので、ペレット系ルアーへの反応が一気によくなりました。
どっこい製作所さんのリアルマイクロで3匹、ゆれペレちびでまた5匹、ゆるペレ(*レギュラーサイズの方)、ペレットタイム豆粒
でも釣りました。
結局、11時過ぎてからの1時間足らずで、すべてペレット系ルアーで10匹追加です。
ペレット撒き後のペレット系ルアーの威力は凄かったです。

午前半日で23匹の釣果です。

宮城AV

宮城AV

宮城AV

5時間で72匹!ペレットタイムまん丸ほかで好釣果(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

日本イワナセンター

日本イワナセンター

釣行日:平成28年12月12日(月)7時から正午まで
釣行場所:日本イワナセンター
釣 果:72匹
天 気:やや曇り後晴れ
気温及び水温:気温0度(朝6時半)、水温5度

▽タックル1
ロッド ポパイ ピーズトラウト PST-S602UL             
リール シマノ バイオマスター1000S
ナイロンライン 3ポンド

▽タックル2
シマノ カーディフ 6.2フィート
リール シマノ レアニウムCl4+2000S
ナイロンライン 4ポンド

▽タックル3
メジャークラフト トラパラ TPS-662UL
シマノ バオマスター1000SDH
ナイロンライン 4ポンド

▽ヒットルアー
ペレットタイムまん丸、ペレットタイム粒丸、BB弾ルアー、ノーリップ、オカピ(どっこい製作所)、ピコラミニ(同)、
(その他)トレモS、ブランキーほか

▽コメント
ペレットタイムまん丸(ブラウン)が一番高反応で25匹ほど、ペレットタイム粒丸(ライトブラウン)も反応がよく、20匹程ほど釣れました。
朝方は、ペレットタイム粒丸(ライトブラウン)にアタリが集中し、9時半以降はペレットタイムまん丸(ブラウン)が高反応でした。
本日は、9時半頃、スタッフさんによるペレット撒きがあったことも、ペレットタイムで高釣果を上げる要因となったようです。
粒丸は、他のルアーと同様にスイベル装着で、リフトアンドフォールで使いました。
まん丸は、スイベルを使わず、ラインを直結し、ラインは張り気味で、ごく小さくリフトアンドフォールをして使用しました。
自作のペレット系ルアーでは、ゆるペレで5匹、ノーリップ(*20ミリサイズのリップレスミノー)でも5匹釣りました。
BB弾ルアーはおもちゃのピストル用の弾を改造して製作したペレット風ルアーです。
粒丸、ノーリップはどちらも、40cmクラスのややサイズのいいブルックトラウトを釣り上げました。
クランクベイトは、手持ちのいろいろなルアーを試しましたが、特にどっこい製作所さんのオカピが高釣果で10匹ほどを釣ってます。
真冬のような寒さの中、72匹とかなりの高釣果で、自作のハンドメイドルアーでもよく釣れて、楽しい充実した釣行となりました

工房 スロータイムの「ペレットタイム 粒丸」は好評発売中!

ペレットタイム 粒丸

ペレットタイム 粒丸

ペレットタイムに高反応。5時間で77匹の高釣果(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

日本イワナセンターさんに行ってきました。

午前7時から5時間の釣行です。
水の流入する場所が空いていたので、そこで釣ります。
まずは、自作のルアーを投げます。
幸先よく、ミミズルアージョイントで釣れました。
ミミズルアーの他バージョンや幼虫ルアーなんかにも、反応はあったものの釣ることができませんでした。

先日の釣行でも実績のあったどっこい製作所さんのオカピ、ピコラミニもカラーローテしながら、投げます。
どちらにも反応があり、トータルで5匹ほど釣れました。
前回と同様、特定のルアー、カラーに当たりが集中する訳ではないようです。

次に、トップで攻めたいと思い、プチモカFを投げたところ、2連装。
22ゼミも使ってみましたが、反応はあるものの釣れません。

でも、トップで釣れると楽しいですね

反応が薄くなってきたので、ペレットタイムを投入です。粒丸で2連装です。
が、後は続かず、次の手を考えていたら、小さい青バケツを手に持ったスタッフさんが登場です。
ペレット撒きです。

こうなるとペレットタイム(*いつものダークブラウン)が威力を発揮し、連装こそしないものの、なかなかいいペースで釣れ続け、ペレットタイムまん丸で50匹ほどを釣りました。
50匹を釣ったところで、反応はあるのに釣れないと、思ったら、フックが折れてました。
久々に、リアルスローシンキングでも、1本取りましたよ。
まん丸では、40cmほどのグッドサイズも1匹釣れました。
slow-time-160809-003

slow-time-160809-004

slow-time-160809-005

slow-time-160809-001

slow-time-160809-002

この日は、10匹ほどを釣った後、反応が悪くなり、なかなか釣れない状況になってしまいました。
試しにスイベルを外し、ライン直結にしたところ、高反応が戻りました。
10時を過ぎた頃、気温も上昇してきて、ペレット系ルアーでの反応は次第に薄くなってきました。

ルアーチェンジをし、Xスティックを投げてみるとなかなかの反応があり、ポツリポツリとトータル5匹ほど釣れました。

スプーンも試してみますが、反応なしです。
後は、シャロークランクで攻めるいつものパターンです。特に、チビパニとトレモが好反応で、各5匹ずつ、トータル10匹を釣りました。

他には、ライズ22、バービーF、ブランキーなどで、トータル7匹ほどを釣り納竿としました。

本日も、カウンターを使用してみましたが、なんと77匹。
真夏のこの時期としては、驚きの高釣果を上げることができました。

工房 スロータイムの「ミルワーム」「ペレットタイム まん丸」はボーダーヘイズにて好評発売中!

ミルワーム ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸
※画像をクリックで商品ページにジャンプします。

ペレット撒きでペレットタイムの独擅場!(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

日本イワナセンターさんに行ってきました。

午前7時から5時の釣行です。
先日の釣行の際、よく釣れていた水の流入する場所が空いていたので、そこで釣ります。
まずは、自作のルアーを投げます。
幸先よく、ミミズルアーⅠ型と幼虫ルアーで2匹づつ釣れました。

先日、どっこい製作所さんから届いたオカピ、ピコラミニもカラーローテしながら、投げます。
特定カラー、ルアーに反応が集中せず、この日は、カラー、ルアーローテが有効で、10匹ほど釣れました。

次に、トップで攻めたいと思い、ピチモカFを投げたところ、2連装、続いて、久々に使ってみたどっこい製作所さんの22ゼミでも1匹釣れました。
やっぱり、トップで釣れると楽しいですね

反応が薄くなってきたので、ペレットタイムを投入です。粒丸で2連装です。
が、後が続きません。
さて、次はどう攻めるかと思案していたところ、小さい青バケツを手に持ったスタッフさんが登場です。
やった~。ペレット撒きだ。

こうなるとペレットタイムの独壇場で、連装こそしないものの、なかなかいいペースで釣れ続け、ペレットタイム、まん丸、粒丸とカラーローテも交えて、気がつけば、23匹ほどを釣りました
slow-time-160801-001

slow-time-160801-002

slow-time-160801-003

ペレットパターンが終わると、また、悶絶タイム突入です。

ここ最近は効果のなかったXスティックを投げてみるとなかなかの好反応で、ポツリポツリとトータル10匹ほど釣れました。
スプーンも試してみますが、全く反応なしです。

仕方なく、手持ちのシャロー系クランクベイトを手当たり次第にローテしながら、投げます。
ちびトロ、チビパニ、つぶアン、ライズ22、バービーF、ブランキーなどで、トータル10匹ほどを釣り納竿としました。

真夏のこの時期としては、まずまずの釣果を上げることができました。

※  ※  ※  ※

工房 スロータイムの「ペレットタイム 粒丸」はボーダーヘイズで好評発売中!

ペレットタイム 粒丸

ペレットタイム 粒丸

幼虫ルアー、ブドウ虫ルアー等、新作虫ルアーの試し釣り(工房スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

釣行日:平成28年7月22日(金)(*昨日です。)7時から4時間 朝の気温18度
天 気:曇り後雨
本日は、新たに作成した「幼虫ルアー」、「ブドウ虫ルアー」と「ミミズルアーⅡ型」を使ってみることを目的とした釣行です。
本日一番のヒットルアーはこちら。ペレットタイム粒丸(ダークブラウン)です。トータル10匹ほどです。
slow-time-160723-001

ペレット系ルアーは、散発的にポツリポツリと釣れた感じです。
どっこい製作所さんのオカピでも、5匹ほど釣れました。
他には、こんなルアーでもヒットしましたよ。
ミミズ型ルアーⅠ型及びⅡ型、ブドウ虫ルアー、ペレットタイム粒丸(簡易自塗版)パニクラチビ、ミニシケイダーなどなどです。
トータルで25、6匹ほどでした。
slow-time-160723-002

slow-time-160723-003

slow-time-160723-004

雨の降りがかなり強くなってきたため、11時で撤収しました。

工房 スロータイムの「ミルワーム」「ペレットタイム 粒丸」は好評発売中!

ミルワーム ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ペレットタイム 粒丸

ペレットタイム 粒丸
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ハンドメイドルアーが健闘するも絶不調(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

6月10日(金)、川場FPさんに行ってきました。

午前6時頃から午前11時までの釣行です。
朝一番の気温は14度で、好天に恵まれましたが、日中は気温30度まで上がりました。
いつものように水の流入する場所に近いポイントで釣ります。

・・・。
何となく、釣れそうな感じがしません。
川場FPさんでは、初めての感じでした。
巻いたルアーが手元にくると、とろとろの藻がからみつきます。

朝一番は、クランクベイトで探りを入れます。
シャロークランクの反応が比較的よく、オカピ、ライス22、ちびとろ25Fなどで釣れました。
いずれも1、2匹しか釣れません。

クランクベイト以外では、ペレットタイム粒丸(ライトブラウン)、旧リアルスローシンキング(ポッテトブラウン」)で、3匹ずつ釣れました。
slow-time-160615-004

slow-time-160615-003

slow-time-160615-002

slow-time-160615-001
ペレットタイムまん丸、アリさんクランク、ゆるペレ、22セミなんかで釣れましたが、いずれも単発か2匹までです。

ノーリップミノも不発です。。
だんだんと、日が高くなるにつれ、気温も上昇し、釣りにくくなってきたと感じます。

ここでXスティックも投げてみましたが、全く反応なしです。

本日は、午前中11時まで、13匹程度の釣果でした。
残り1時間を残して、ギヴアップです。全く、釣れる気がしません。

帰り際、川場FPさんの社長さん、スタップさんとお話をさせていただきましたが、
1カ月ほど雨が降っていないそうです。

川場FPさんに行かれる予定がある方は、事前に天気予報をチェックするといいことあるかもしれませんよ。
雨の振った直後に行ければ、爆釣できちゃうかもしれません。

工房 スロータイムの「ペレットタイム 粒丸」は好評発売中!

ペレットタイム 粒丸

ペレットタイム 粒丸

試作のミミズルアーでも釣果(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

5月19日(木)、川場FPさんに行ってきました。

午前6時頃から午前半日の釣行です。
朝一番の気温は10度で、好天にも恵まれました。
いつものように水の流入する場所に近いポイントで釣ります。

朝一番は、クランクベイトで探りを入れます。
シャロークランクの反応が比較的よく、ブランキー、ちびパニ、ライス22、プチモカ、ちびとろ25Fなどで釣れました。
いずれも2、3匹くらい釣れるのですが、それ以上の連装はありません。
朝方は、これが一番のヒットルアーといえるのがありませんでした。

クランクベイトの反応が落ち着いてきたので、ペレットタイム粒丸(ライトブラウン)を投げてみたところ、これが高反応で10連装です。
ここ、川場さんは、なぜかこの粒丸のライトブラウンカラーが鉄板で、よく釣れます。
slow-time-160523-003

やや反応が悪くなってきたので、ミミズルアーを投入したところ、1投目で釣れました。
slow-time-160523-001
このミミズルアーは、まだあまり釣果実績がないので、釣れるとうれしい。
でも、後が続きません。

ノーリップミノーのジャイブを投入したところ、2連装。
ノーリップミノーがいいのかもと思い、ワンダーやシャローマジックなど投げてみますが、
無反応。
だんだんと、日が高くなるにつれ、気温も上昇し、釣りにくくなってきたと感じます。

ここでXスティックも投げてみましたが、今日は、全く反応なしです。
むむ、手ごわいぞ、これは・・・。

気分を変えて、どっこい製作所の大郷寺さんからいただいたヤゴニを投げてみます。
1投目からヒットしますが、ばらしてしましました。
2投目もヒットし、無事釣れました。
ヤゴニはまだ未発売の試作品ですが、ただ巻きでブリブリとよく動きます。
デッドスローリトリーブよりほんの少しだけ早めのスローからミディアムリトリーブの動きがいい感じです。
大郷寺さん、貴重な試作品ありがとうございました。
思い切り、実戦投入して、使わせていただきます。
続いて、使い慣れたピコラミニを投入したところ、2連装です。
やはり、よく釣れます。
ピコラミニの方がよりスローなデッドスローリトリーブでも、よく動く印象です。
続いて、オカピ(イチゴピンク)を投入したところ、1投目からヒットしますが、ばらしてしまいます。
2投目もヒットし、無事ライディング。
連装ではないものの、反応が途切れることもなく、3~4投くらいの間隔で、いい具合に釣れ続きました。
オカピは、シャロークランクよりも微妙に深い深度を泳ぎ、ごく低速でもよく動きます。
本日の川場さんのトラウトは、この動きをいたく気に入った様子でした。
他のどのクランクベイトにも似ていない独特のシルエットもよかったのかもしれません。

本日は、午前中半日で40匹程度とまずまずの釣果でした。
ペレット系ルアーでの釣果が10匹程度だけだったので、内容面では、とても満足度の高い釣行となりました。

slow-time-160523-002

※  ※  ※  ※

工房 スロータイムの「ミルワーム」「ペレットタイム まん丸」は好評発売中!

ミルワーム ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸
※画像をクリックで商品ページにジャンプします。

ペレットタイムに高反応(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

4月20日(水)、先日の釣行でよく釣れた日本イワナセンターさんに行ってきました。

午前7時頃から5時間コースの釣行です。
朝一番の気温は5度と、やや気温が低い感じもありましたが、好天に恵まれました。
やや葉桜ではあるものの、この辺りはまだ、桜が咲いています。

朝一番は、クランクベイトで探りを入れました。
TOMさんのツチノコチビのウッドブラウン、どっこい製作所さんのオカピのキャラメルブラウンとローテーションし、10匹ほど釣りました。
オカピは、なかなか反応が良かったのですが、いいサイズがかかり、手元まで寄せたところで惜しくもラインブレイク。
せっかくの、ヒットルアーをロストしてしまいました。
クラピーやパニクラ、つぶアンなども投げてはみましたが、今ひとつ反応が薄く、釣れませんでした。
前回の釣行でも感じましたが、ここは水がとてもクリアなので、魚の見切りが早く、連釣するのが、やや難しいようです。

続けて、先日よかった「ペレットタイムまん丸」のダークブラウンを投げてみます。
1投目からあっさり釣れます。
続けて投げると、当たりはあるけども、やや喰いが浅いようで、うまくフッキングしません。
また、投げてみると、今度はがっちりかかりました。
ただ、前回よりもほんの少しではありますが、反応が鈍いようです。
先日の釣行ほどではないものの、そこそこ反応がいい状態が続き、90分程で30匹くらい釣れました。
前回は、まん丸のダークブラウンのみで延々と釣れ続きましたが、今回は、カラーチェンジ(*ライトブラウン、ブラウン、コゲレンガ)、タイプ違い(*粒丸)などへのローテーションが必要でした。
slow-time-160428-002

slow-time-160428-004

ちょうど、90分ほど経過したところで、パタッとペレット系ルアーへの反応がなくなりました。
周りで釣っている方々も、反応が今ひとつのようです。

こういう状況ならこれしかないでしょうと、Xスティックをローテーションしながら、投げてみるとさすがに釣れます。
5匹ほど追加できました。

ここまでくると、手がなく、たまたま目に付いたミルワームの新色「紅サシ」「アオムシ」とローテーションしながら投げてみると、5匹ほどを追加して納竿としました。(・ω・)

slow-time-160428-001

slow-time-160428-003

本日は、5時間で50匹程度と、好釣果でした。
前回と同様、「ペレットタイムまん丸」が特に高反応でした。

工房 スロータイムの「ミルワーム」「ペレットタイム まん丸」は好評発売中!

ミルワーム ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸
※画像をクリックで商品ページにジャンプします。

ハンドメイドルアーの爆発力/5時間で60匹の釣果(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

3月24日(木)、前々から気になっていた日本イワナセンターさんに行ってきました。

午前8時頃から5時間コースの釣行です。
まあ、雪の積もり方のすごいこと。
ここはほんとうに沼田市内?といった感じで、朝は一面の雪景色。
お客さんは全部で5人ほどと実質的にはほぼ貸切状態です。

slow-time-160327-1
slow-time-160327-2

それにしても、ここは水がキレイです。
ボトムまでクリアに見えるし、当然泳いでいるトラウトもまる見えです。
それにしても寒い。基本晴れですが、朝方は、雪もチラチラと降ってました。

朝一番は、クランクベイトやリップレスミノーをローテしながら投げてみます。
クランクベイトでは、チビパニ、トレモS、ライス22など、リップレスミノーでは、ワンダー50、シャローマジックなどでヒットし、一番よかったのは、トラウトアイランドさんのオリカラのトレモSでこれで3本ほど釣れました。
マイティーペッパー35でも2本ほど釣れました。
いつも釣っているピコラミニも投げてみましたが、残念ながら、今日は釣れませんでした。

Xステッィクも投げましたが、3匹ほど釣れたものの、反応自体は今ひとつでした。

ペレット系ルアーも投げてみます。
けっこうアタリがあるものの食いが浅く、なかなかヒットしません。
リアルマイクロのチョコチップブラウンで何とか3匹釣りました。
水がクリアなので、魚がルアーを見切るのが早い感じです。
釣るには、ほんの少しにごりがあった方が都合がいいのかも。

次は、自作のルアーです。
実績の高いゆるペレから投げてみますが、アタリがありません。
粒丸でようやく1本釣れましたが、ペレット系は意外と厳しい感じです。
じゃ、虫かということでミルワームを投げてみるとけっこういい感じです。1投目からアタリがあり、4匹ほど釣りました。
slow-time-160327-7

slow-time-160327-8

slow-time-160327-6

slow-time-160327-5
ここまでで、24、5匹ほどでしょうか。
時間は12時ちょっと前で、残り時間はそうありません。
いつもは、あまり使っていないバベルを試してみようと投げたところ、1投目でヒットし、釣れます。
ん、これって、まん丸いいんじゃないのと思い、ダークブラウンを選び投げたところ、これがビンゴ。1時間ほどの時間、まん丸のダークブランのみで、ほぼ入れ喰いの状態が続き、35、6匹のトラウトを釣り上げました。
ペレットタイムの売りである「漁具のようなルアー」、まさにそのとおりの釣れっぷりでした。
釣ったトラウトをネットインしているときに、水中にまん丸をたらしたまま取り込んでいたところ、ネットインしたのをリリースする前に、もう次のトラウトがかかっていることも、3、4回ほどありました。
slow-time-160327-10

slow-time-160327-4

slow-time-160327-3

この日は、5時間で60匹程度と、自分でも驚きの釣果でした。
市販品のルアーと違うアピールのできるハンドメイドルアーの力を改めて感じました。
slow-time-160327-9

※  ※  ※  ※

工房 スロータイムの「ミルワーム」「ペレットタイム まん丸」は好評発売中!

ミルワーム ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸
※画像をクリックで商品ページにジャンプします。