ウェーディングで、河口を回遊するビックバスをゲット(アッパーリップベイト)

※  ※  アッパーリップベイトによる釣行記  ※  ※

2016年7月21日、晴れ、北東から強めの風、波やや高め、水若干マディー、17:30にポイント琵琶湖・真野川河口に着、普段は4~5人のアングラーをよく見るのだが、本日は他のアングラー無し。風向きにあわせて南に面したエリアで、マグース・バーブ付(センターフック無し)をキャスト。
河口に集まる魚を狙ってバスが回遊してくる。今年は小魚への意識が高いようで、マグースへの反応がいい。小魚があまり跳ねていなかったので、10~15秒カウントダウンして釣れた。
スレたバスに対して、常に竿先にルアーのバイブルを感じる程度のリトリーブスピードがベストで、それより遅いと、カカリが浅くなりバラシやすくなり、早いと、追いきれずにアタリが減少する。
1時間30分で、バラシも無く、20~25cm位の子バス6匹と、15cmのブルーギル1匹を含む、49cmのブラックバス1匹をゲット。
upper-lip-160724-002

upper-lip-160724-001

upper-lip-160724-003

そのビッグバスは、引きに重みがあった。ジャンプされないようにゆっくりと、しかし、ウィドー等に潜り込まれないようにゆるすぎず、慎重に引き寄せ、最後は浜辺にズリ上げて無事ランディング。
小魚が深場に移動したのか、19:00前からアタリが減少したので納竿。

※  ※  ※  ※

アッパーリップベイトのマグースは、ボーダーヘイズで販売中です。

アッパーリップベイト「マグース」

アッパーリップベイト「マグース」

幼虫ルアー、ブドウ虫ルアー等、新作虫ルアーの試し釣り(工房スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

釣行日:平成28年7月22日(金)(*昨日です。)7時から4時間 朝の気温18度
天 気:曇り後雨
本日は、新たに作成した「幼虫ルアー」、「ブドウ虫ルアー」と「ミミズルアーⅡ型」を使ってみることを目的とした釣行です。
本日一番のヒットルアーはこちら。ペレットタイム粒丸(ダークブラウン)です。トータル10匹ほどです。
slow-time-160723-001

ペレット系ルアーは、散発的にポツリポツリと釣れた感じです。
どっこい製作所さんのオカピでも、5匹ほど釣れました。
他には、こんなルアーでもヒットしましたよ。
ミミズ型ルアーⅠ型及びⅡ型、ブドウ虫ルアー、ペレットタイム粒丸(簡易自塗版)パニクラチビ、ミニシケイダーなどなどです。
トータルで25、6匹ほどでした。
slow-time-160723-002

slow-time-160723-003

slow-time-160723-004

雨の降りがかなり強くなってきたため、11時で撤収しました。

工房 スロータイムの「ミルワーム」「ペレットタイム 粒丸」は好評発売中!

ミルワーム ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ペレットタイム 粒丸

ペレットタイム 粒丸
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

C-moon で50オーバーのブルックトラウト

お客様から釣果写真をいただきました。
c-moon-160721-001
C-moonで釣り上げた中禅寺湖のブルックトラウトです。

がっちりとC-moonをくわえています。
c-moon-160721-002

※  ※  ※  ※

C-moonは、弱った小魚をイメージしたゆるーいアクションで誘うペンシルベイトです。
詳しくは商品ページをご覧ください。(人気商品のため、一部欠品がございます。ご了承ください)

画像をクリックでC-moon フローティングの商品ページにジャンプします

画像をクリックでC-moon フローティングの商品ページにジャンプします

ウェーディングで子バスと戯れる(アッパーリップベイト)

※  ※  アッパーリップベイトによる釣行記  ※  ※

2016 年7月7日 琵琶湖大橋の西横、ウェーディングで、子バスと戯れる
17:00より釣行。曇り、少し強めの向かい風、波やや高めで若干釣づらい。
周囲にアングラーはいない。

この日は日中30℃以上で蒸し暑かったが、ウェディングは夏の暑さを和らげて涼しい。

先ず、キャロライナーリグをキャストするが、底にウィドーがあり釣りづらくノーヒット。
次に、ウキキャロをキャストするが、強めの波風でアタリがわかり難く、20cmのブラックバス1匹のみ。

18:30から、マグース・バーブレス、センターフック無しをキャスト。
マグースがウィドーの上をスロースピード、しっかりしたウォップリングで泳ぎ、19:30までの1時間で、15~25cmのブラックバス4匹と、23cmブルーギル1匹ゲット。ブラックバス4匹バラシ。

スレいるので、フッキングも皮1枚等で、ウィードーがあると、急にそこめがけて潜り込もうとする等、ランディングするまでの攻防にスリルがあった。

upper-lip-160720-002

upper-lip-160720-003

upper-lip-160720-004

upper-lip-160720-001

※  ※  ※  ※

アッパーリップベイトのマグースは、ボーダーヘイズで販売中です。

アッパーリップベイト「マグース」

アッパーリップベイト「マグース」

マグースで子バスやギルと戯れる(アッパーリップベイト)

※  ※  アッパーリップベイトによる釣行記  ※  ※

2016年6月29日 琵琶湖・南西でブラックバス
17:00釣行開始、由美浜は遠浅で、南側は砂浜で、北側は石畳になっている。
小雨、やや強めの向かい風の為か他にアングラーが1人のみだった。
砂浜は浅すぎたので、石畳で、ラインは8lbPEメインラインに8lbフロロのリーダーで、マグース・バーブレス、センターフック無しでトライした。
ハードルアーでのキャスト&表層スローリトリーブを繰り返す中、19:30までの2時間30分で、10~18cmのブルーギル13匹に、20~27cmブラックバス5匹をゲットした。
バラシも殆ど無く、子バスでも、ジャンプしたり、左右に走ったりと小気味良くファイトしてくれた。

upper-lip-160706-001

upper-lip-160706-002

upper-lip-160706-003

upper-lip-160706-004

※  ※  ※  ※

アッパーリップベイトのマグースは、ボーダーヘイズで販売中です。

アッパーリップベイト「マグース」

アッパーリップベイト「マグース」

ハンドメイドルアーが健闘するも絶不調(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

6月10日(金)、川場FPさんに行ってきました。

午前6時頃から午前11時までの釣行です。
朝一番の気温は14度で、好天に恵まれましたが、日中は気温30度まで上がりました。
いつものように水の流入する場所に近いポイントで釣ります。

・・・。
何となく、釣れそうな感じがしません。
川場FPさんでは、初めての感じでした。
巻いたルアーが手元にくると、とろとろの藻がからみつきます。

朝一番は、クランクベイトで探りを入れます。
シャロークランクの反応が比較的よく、オカピ、ライス22、ちびとろ25Fなどで釣れました。
いずれも1、2匹しか釣れません。

クランクベイト以外では、ペレットタイム粒丸(ライトブラウン)、旧リアルスローシンキング(ポッテトブラウン」)で、3匹ずつ釣れました。
slow-time-160615-004

slow-time-160615-003

slow-time-160615-002

slow-time-160615-001
ペレットタイムまん丸、アリさんクランク、ゆるペレ、22セミなんかで釣れましたが、いずれも単発か2匹までです。

ノーリップミノも不発です。。
だんだんと、日が高くなるにつれ、気温も上昇し、釣りにくくなってきたと感じます。

ここでXスティックも投げてみましたが、全く反応なしです。

本日は、午前中11時まで、13匹程度の釣果でした。
残り1時間を残して、ギヴアップです。全く、釣れる気がしません。

帰り際、川場FPさんの社長さん、スタップさんとお話をさせていただきましたが、
1カ月ほど雨が降っていないそうです。

川場FPさんに行かれる予定がある方は、事前に天気予報をチェックするといいことあるかもしれませんよ。
雨の振った直後に行ければ、爆釣できちゃうかもしれません。

工房 スロータイムの「ペレットタイム 粒丸」は好評発売中!

ペレットタイム 粒丸

ペレットタイム 粒丸

グラニ&ラムレイ 20%OFF、フォトコンテスト開催

6月1日~9月30日まで、コルトプレインフィッシングワークスのGrani(グラニ)、Llamrei(ラムレイ)を20%OFFで販売いたします。
2016キャンペーン01

Graniは、スローシンキングのリップレスベイト。
軽快な操作性によってさまざまな攻略が可能なルアーです。
ロープレッシャーなルアーで、コース取りを意識し何度でもアプローチして喰わせられます。

Grani(グラニ) ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

Grani(グラニ)
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

Llamreiは、高バランス、喰いやすいサイズ感、多彩なアクションに仕上げたペンシルベイトです。
ロッドを下げてのリーリングではミノーと同様に扱え、音と飛沫、パニックアクションによる集魚効果とボディの程よいボリュームでバイトを誘発します。

Llamrei(ラムレイ) ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

Llamrei(ラムレイ)
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

どちらのルアーも通常税込価格¥2,916が20%OFFの¥2,332になります。

ぜひこの機会にコルトプレインのルアーをお試しください。

※   ※   ※   ※

また、コルトプレインフィッシングワークスでは、ボーダーヘイズでの取り扱い一周年を記念して、フォトコンテストを開催します。
2016キャンペーン02
コルトプレインのルアーによる釣果を写真付きでお送りいただき、審査の上「珍魚賞」「怪魚賞」「美魚賞」などの各賞を授与。
受賞された方にはステキなプレゼントを差し上げます。
詳しい募集要項・応募方法はコルトプレインフィッシングワークスのブログをご覧ください。
(上の画像にも記載しています)

多数のご応募お待ちしております!

ミルワームに新色「ベニサシ」「アオムシ」追加!

工房スロータイムのワーム型ハードプラグ「ミルワーム」に新色が追加されました。

青虫をイミテートした「アオムシ」とピンク色の「ベニサシ」

ミルワーム「アオムシ」「ベニサシ」 ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム「アオムシ」「ベニサシ」
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

リアルにうごめくジョイントタイプもラインナップしています。

ミルワーム ジョイント「アオムシ」「ベニサシ」

ミルワーム ジョイント「アオムシ」「ベニサシ」
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

エリアトラウト用に開発されたルアーですが、釣り餌として定番の虫をイミテートしているので、どんな釣りでも万能に使えそうですね。
fish-mealworm001

虫が活発に動き回るこれからの季節、ぜひお試しください。

多様な釣りに対応するジグヘッド「ソレル」発売!

コルトプレインフィッシングワークスから、ジグヘッド「Sorel(ソレル)」が発売となりました。

水受け、スタンド性、ショートシャンクにこだわった「ソレル スロー&スタンド」
太軸、小型、スローフォールにこだわった「ソレル マイクロ&パワー」
の2種類をラインナップ。

どちらもソルト、淡水問わず多様なターゲットでの実績があります。

IMGP1974

sorel-slow-stand-008

詳しくは商品ページをご覧ください。

※   ※   ※

ソレル スロー&スタンダード ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ソレル スロー&スタンダード
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ソレル マイクロ&パワー ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ソレル マイクロ&パワー
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

試作のミミズルアーでも釣果(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

5月19日(木)、川場FPさんに行ってきました。

午前6時頃から午前半日の釣行です。
朝一番の気温は10度で、好天にも恵まれました。
いつものように水の流入する場所に近いポイントで釣ります。

朝一番は、クランクベイトで探りを入れます。
シャロークランクの反応が比較的よく、ブランキー、ちびパニ、ライス22、プチモカ、ちびとろ25Fなどで釣れました。
いずれも2、3匹くらい釣れるのですが、それ以上の連装はありません。
朝方は、これが一番のヒットルアーといえるのがありませんでした。

クランクベイトの反応が落ち着いてきたので、ペレットタイム粒丸(ライトブラウン)を投げてみたところ、これが高反応で10連装です。
ここ、川場さんは、なぜかこの粒丸のライトブラウンカラーが鉄板で、よく釣れます。
slow-time-160523-003

やや反応が悪くなってきたので、ミミズルアーを投入したところ、1投目で釣れました。
slow-time-160523-001
このミミズルアーは、まだあまり釣果実績がないので、釣れるとうれしい。
でも、後が続きません。

ノーリップミノーのジャイブを投入したところ、2連装。
ノーリップミノーがいいのかもと思い、ワンダーやシャローマジックなど投げてみますが、
無反応。
だんだんと、日が高くなるにつれ、気温も上昇し、釣りにくくなってきたと感じます。

ここでXスティックも投げてみましたが、今日は、全く反応なしです。
むむ、手ごわいぞ、これは・・・。

気分を変えて、どっこい製作所の大郷寺さんからいただいたヤゴニを投げてみます。
1投目からヒットしますが、ばらしてしましました。
2投目もヒットし、無事釣れました。
ヤゴニはまだ未発売の試作品ですが、ただ巻きでブリブリとよく動きます。
デッドスローリトリーブよりほんの少しだけ早めのスローからミディアムリトリーブの動きがいい感じです。
大郷寺さん、貴重な試作品ありがとうございました。
思い切り、実戦投入して、使わせていただきます。
続いて、使い慣れたピコラミニを投入したところ、2連装です。
やはり、よく釣れます。
ピコラミニの方がよりスローなデッドスローリトリーブでも、よく動く印象です。
続いて、オカピ(イチゴピンク)を投入したところ、1投目からヒットしますが、ばらしてしまいます。
2投目もヒットし、無事ライディング。
連装ではないものの、反応が途切れることもなく、3~4投くらいの間隔で、いい具合に釣れ続きました。
オカピは、シャロークランクよりも微妙に深い深度を泳ぎ、ごく低速でもよく動きます。
本日の川場さんのトラウトは、この動きをいたく気に入った様子でした。
他のどのクランクベイトにも似ていない独特のシルエットもよかったのかもしれません。

本日は、午前中半日で40匹程度とまずまずの釣果でした。
ペレット系ルアーでの釣果が10匹程度だけだったので、内容面では、とても満足度の高い釣行となりました。

slow-time-160523-002

※  ※  ※  ※

工房 スロータイムの「ミルワーム」「ペレットタイム まん丸」は好評発売中!

ミルワーム ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸
※画像をクリックで商品ページにジャンプします。