友ルアー・友魚で鮎と戯れる(アッパーリップベイト)

※  ※  アッパーリップベイトによる釣行記  ※  ※

2016年7月31日 8時30分に安曇川・広瀬の水道橋で、釣行開始。

upper-lip-160731-004

本日は快晴、水は澄んでいる。膝下まで川に入って釣ると、暑さが和らぎ心地よい。
山中なので、都会と違い、ミンミンゼミが愛嬌のある鳴き声で鳴いていた。
釣下って行き、10時30分位から、比較的流れのある中で、釣れだし、13時30分までに、友ルアー・友魚100のみを使用して、約10cmが4匹、12~15cmが20匹、計24匹の釣果だった。

upper-lip-160731-001

upper-lip-160731-002

upper-lip-160731-003

去年は朝しか釣れなかったが、今年は、朝より昼からの方が良いのか、昼から釣り人で賑わいだした。その年によって、釣れる時間帯が違うようだ。

※  ※  ※  ※

アッパーリップベイトの友ルアー・友魚は、ボーダーヘイズで販売中です。

アッパーリップベイト 友ルアー・友魚

アッパーリップベイト 友ルアー・友魚

ウェーディングで、河口を回遊するビックバスをゲット(アッパーリップベイト)

※  ※  アッパーリップベイトによる釣行記  ※  ※

2016年7月21日、晴れ、北東から強めの風、波やや高め、水若干マディー、17:30にポイント琵琶湖・真野川河口に着、普段は4~5人のアングラーをよく見るのだが、本日は他のアングラー無し。風向きにあわせて南に面したエリアで、マグース・バーブ付(センターフック無し)をキャスト。
河口に集まる魚を狙ってバスが回遊してくる。今年は小魚への意識が高いようで、マグースへの反応がいい。小魚があまり跳ねていなかったので、10~15秒カウントダウンして釣れた。
スレたバスに対して、常に竿先にルアーのバイブルを感じる程度のリトリーブスピードがベストで、それより遅いと、カカリが浅くなりバラシやすくなり、早いと、追いきれずにアタリが減少する。
1時間30分で、バラシも無く、20~25cm位の子バス6匹と、15cmのブルーギル1匹を含む、49cmのブラックバス1匹をゲット。
upper-lip-160724-002

upper-lip-160724-001

upper-lip-160724-003

そのビッグバスは、引きに重みがあった。ジャンプされないようにゆっくりと、しかし、ウィドー等に潜り込まれないようにゆるすぎず、慎重に引き寄せ、最後は浜辺にズリ上げて無事ランディング。
小魚が深場に移動したのか、19:00前からアタリが減少したので納竿。

※  ※  ※  ※

アッパーリップベイトのマグースは、ボーダーヘイズで販売中です。

アッパーリップベイト「マグース」

アッパーリップベイト「マグース」

幼虫ルアー、ブドウ虫ルアー等、新作虫ルアーの試し釣り(工房スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

釣行日:平成28年7月22日(金)(*昨日です。)7時から4時間 朝の気温18度
天 気:曇り後雨
本日は、新たに作成した「幼虫ルアー」、「ブドウ虫ルアー」と「ミミズルアーⅡ型」を使ってみることを目的とした釣行です。
本日一番のヒットルアーはこちら。ペレットタイム粒丸(ダークブラウン)です。トータル10匹ほどです。
slow-time-160723-001

ペレット系ルアーは、散発的にポツリポツリと釣れた感じです。
どっこい製作所さんのオカピでも、5匹ほど釣れました。
他には、こんなルアーでもヒットしましたよ。
ミミズ型ルアーⅠ型及びⅡ型、ブドウ虫ルアー、ペレットタイム粒丸(簡易自塗版)パニクラチビ、ミニシケイダーなどなどです。
トータルで25、6匹ほどでした。
slow-time-160723-002

slow-time-160723-003

slow-time-160723-004

雨の降りがかなり強くなってきたため、11時で撤収しました。

工房 スロータイムの「ミルワーム」「ペレットタイム 粒丸」は好評発売中!

ミルワーム ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ペレットタイム 粒丸

ペレットタイム 粒丸
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

C-moon で50オーバーのブルックトラウト

お客様から釣果写真をいただきました。
c-moon-160721-001
C-moonで釣り上げた中禅寺湖のブルックトラウトです。

がっちりとC-moonをくわえています。
c-moon-160721-002

※  ※  ※  ※

C-moonは、弱った小魚をイメージしたゆるーいアクションで誘うペンシルベイトです。
詳しくは商品ページをご覧ください。(人気商品のため、一部欠品がございます。ご了承ください)

画像をクリックでC-moon フローティングの商品ページにジャンプします

画像をクリックでC-moon フローティングの商品ページにジャンプします

ウェーディングで子バスと戯れる(アッパーリップベイト)

※  ※  アッパーリップベイトによる釣行記  ※  ※

2016 年7月7日 琵琶湖大橋の西横、ウェーディングで、子バスと戯れる
17:00より釣行。曇り、少し強めの向かい風、波やや高めで若干釣づらい。
周囲にアングラーはいない。

この日は日中30℃以上で蒸し暑かったが、ウェディングは夏の暑さを和らげて涼しい。

先ず、キャロライナーリグをキャストするが、底にウィドーがあり釣りづらくノーヒット。
次に、ウキキャロをキャストするが、強めの波風でアタリがわかり難く、20cmのブラックバス1匹のみ。

18:30から、マグース・バーブレス、センターフック無しをキャスト。
マグースがウィドーの上をスロースピード、しっかりしたウォップリングで泳ぎ、19:30までの1時間で、15~25cmのブラックバス4匹と、23cmブルーギル1匹ゲット。ブラックバス4匹バラシ。

スレいるので、フッキングも皮1枚等で、ウィードーがあると、急にそこめがけて潜り込もうとする等、ランディングするまでの攻防にスリルがあった。

upper-lip-160720-002

upper-lip-160720-003

upper-lip-160720-004

upper-lip-160720-001

※  ※  ※  ※

アッパーリップベイトのマグースは、ボーダーヘイズで販売中です。

アッパーリップベイト「マグース」

アッパーリップベイト「マグース」

マグースで子バスやギルと戯れる(アッパーリップベイト)

※  ※  アッパーリップベイトによる釣行記  ※  ※

2016年6月29日 琵琶湖・南西でブラックバス
17:00釣行開始、由美浜は遠浅で、南側は砂浜で、北側は石畳になっている。
小雨、やや強めの向かい風の為か他にアングラーが1人のみだった。
砂浜は浅すぎたので、石畳で、ラインは8lbPEメインラインに8lbフロロのリーダーで、マグース・バーブレス、センターフック無しでトライした。
ハードルアーでのキャスト&表層スローリトリーブを繰り返す中、19:30までの2時間30分で、10~18cmのブルーギル13匹に、20~27cmブラックバス5匹をゲットした。
バラシも殆ど無く、子バスでも、ジャンプしたり、左右に走ったりと小気味良くファイトしてくれた。

upper-lip-160706-001

upper-lip-160706-002

upper-lip-160706-003

upper-lip-160706-004

※  ※  ※  ※

アッパーリップベイトのマグースは、ボーダーヘイズで販売中です。

アッパーリップベイト「マグース」

アッパーリップベイト「マグース」

ハンドメイドルアーが健闘するも絶不調(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

6月10日(金)、川場FPさんに行ってきました。

午前6時頃から午前11時までの釣行です。
朝一番の気温は14度で、好天に恵まれましたが、日中は気温30度まで上がりました。
いつものように水の流入する場所に近いポイントで釣ります。

・・・。
何となく、釣れそうな感じがしません。
川場FPさんでは、初めての感じでした。
巻いたルアーが手元にくると、とろとろの藻がからみつきます。

朝一番は、クランクベイトで探りを入れます。
シャロークランクの反応が比較的よく、オカピ、ライス22、ちびとろ25Fなどで釣れました。
いずれも1、2匹しか釣れません。

クランクベイト以外では、ペレットタイム粒丸(ライトブラウン)、旧リアルスローシンキング(ポッテトブラウン」)で、3匹ずつ釣れました。
slow-time-160615-004

slow-time-160615-003

slow-time-160615-002

slow-time-160615-001
ペレットタイムまん丸、アリさんクランク、ゆるペレ、22セミなんかで釣れましたが、いずれも単発か2匹までです。

ノーリップミノも不発です。。
だんだんと、日が高くなるにつれ、気温も上昇し、釣りにくくなってきたと感じます。

ここでXスティックも投げてみましたが、全く反応なしです。

本日は、午前中11時まで、13匹程度の釣果でした。
残り1時間を残して、ギヴアップです。全く、釣れる気がしません。

帰り際、川場FPさんの社長さん、スタップさんとお話をさせていただきましたが、
1カ月ほど雨が降っていないそうです。

川場FPさんに行かれる予定がある方は、事前に天気予報をチェックするといいことあるかもしれませんよ。
雨の振った直後に行ければ、爆釣できちゃうかもしれません。

工房 スロータイムの「ペレットタイム 粒丸」は好評発売中!

ペレットタイム 粒丸

ペレットタイム 粒丸

グラニ&ラムレイ 20%OFF、フォトコンテスト開催

6月1日~9月30日まで、コルトプレインフィッシングワークスのGrani(グラニ)、Llamrei(ラムレイ)を20%OFFで販売いたします。
2016キャンペーン01

Graniは、スローシンキングのリップレスベイト。
軽快な操作性によってさまざまな攻略が可能なルアーです。
ロープレッシャーなルアーで、コース取りを意識し何度でもアプローチして喰わせられます。

Grani(グラニ) ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

Grani(グラニ)
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

Llamreiは、高バランス、喰いやすいサイズ感、多彩なアクションに仕上げたペンシルベイトです。
ロッドを下げてのリーリングではミノーと同様に扱え、音と飛沫、パニックアクションによる集魚効果とボディの程よいボリュームでバイトを誘発します。

Llamrei(ラムレイ) ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

Llamrei(ラムレイ)
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

どちらのルアーも通常税込価格¥2,916が20%OFFの¥2,332になります。

ぜひこの機会にコルトプレインのルアーをお試しください。

※   ※   ※   ※

また、コルトプレインフィッシングワークスでは、ボーダーヘイズでの取り扱い一周年を記念して、フォトコンテストを開催します。
2016キャンペーン02
コルトプレインのルアーによる釣果を写真付きでお送りいただき、審査の上「珍魚賞」「怪魚賞」「美魚賞」などの各賞を授与。
受賞された方にはステキなプレゼントを差し上げます。
詳しい募集要項・応募方法はコルトプレインフィッシングワークスのブログをご覧ください。
(上の画像にも記載しています)

多数のご応募お待ちしております!

ミルワームに新色「ベニサシ」「アオムシ」追加!

工房スロータイムのワーム型ハードプラグ「ミルワーム」に新色が追加されました。

青虫をイミテートした「アオムシ」とピンク色の「ベニサシ」

ミルワーム「アオムシ」「ベニサシ」 ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム「アオムシ」「ベニサシ」
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

リアルにうごめくジョイントタイプもラインナップしています。

ミルワーム ジョイント「アオムシ」「ベニサシ」

ミルワーム ジョイント「アオムシ」「ベニサシ」
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

エリアトラウト用に開発されたルアーですが、釣り餌として定番の虫をイミテートしているので、どんな釣りでも万能に使えそうですね。
fish-mealworm001

虫が活発に動き回るこれからの季節、ぜひお試しください。

多様な釣りに対応するジグヘッド「ソレル」発売!

コルトプレインフィッシングワークスから、ジグヘッド「Sorel(ソレル)」が発売となりました。

水受け、スタンド性、ショートシャンクにこだわった「ソレル スロー&スタンド」
太軸、小型、スローフォールにこだわった「ソレル マイクロ&パワー」
の2種類をラインナップ。

どちらもソルト、淡水問わず多様なターゲットでの実績があります。

IMGP1974

sorel-slow-stand-008

詳しくは商品ページをご覧ください。

※   ※   ※

ソレル スロー&スタンダード ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ソレル スロー&スタンダード
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ソレル マイクロ&パワー ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ソレル マイクロ&パワー
※画像をクリックで商品ページにジャンプします