幼虫ルアー、ペレ虫など再入荷しました

品切れとなっておりました幼虫ルアー、ブドウ虫ルアー、ペレ虫など、人気のルアーを再入荷しました。

また、ミミズルアー47には新色「薄赤ミミズ」を追加。
従来の赤ミミズと茶ミミズの中間のような色合いとなっております。

エリアトラウトで爆発的な釣果を叩き出すルアーとなっております。
ぜひお試しください!!

ペレットタイムに高反応(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

4月20日(水)、先日の釣行でよく釣れた日本イワナセンターさんに行ってきました。

午前7時頃から5時間コースの釣行です。
朝一番の気温は5度と、やや気温が低い感じもありましたが、好天に恵まれました。
やや葉桜ではあるものの、この辺りはまだ、桜が咲いています。

朝一番は、クランクベイトで探りを入れました。
TOMさんのツチノコチビのウッドブラウン、どっこい製作所さんのオカピのキャラメルブラウンとローテーションし、10匹ほど釣りました。
オカピは、なかなか反応が良かったのですが、いいサイズがかかり、手元まで寄せたところで惜しくもラインブレイク。
せっかくの、ヒットルアーをロストしてしまいました。
クラピーやパニクラ、つぶアンなども投げてはみましたが、今ひとつ反応が薄く、釣れませんでした。
前回の釣行でも感じましたが、ここは水がとてもクリアなので、魚の見切りが早く、連釣するのが、やや難しいようです。

続けて、先日よかった「ペレットタイムまん丸」のダークブラウンを投げてみます。
1投目からあっさり釣れます。
続けて投げると、当たりはあるけども、やや喰いが浅いようで、うまくフッキングしません。
また、投げてみると、今度はがっちりかかりました。
ただ、前回よりもほんの少しではありますが、反応が鈍いようです。
先日の釣行ほどではないものの、そこそこ反応がいい状態が続き、90分程で30匹くらい釣れました。
前回は、まん丸のダークブラウンのみで延々と釣れ続きましたが、今回は、カラーチェンジ(*ライトブラウン、ブラウン、コゲレンガ)、タイプ違い(*粒丸)などへのローテーションが必要でした。
slow-time-160428-002

slow-time-160428-004

ちょうど、90分ほど経過したところで、パタッとペレット系ルアーへの反応がなくなりました。
周りで釣っている方々も、反応が今ひとつのようです。

こういう状況ならこれしかないでしょうと、Xスティックをローテーションしながら、投げてみるとさすがに釣れます。
5匹ほど追加できました。

ここまでくると、手がなく、たまたま目に付いたミルワームの新色「紅サシ」「アオムシ」とローテーションしながら投げてみると、5匹ほどを追加して納竿としました。(・ω・)

slow-time-160428-001

slow-time-160428-003

本日は、5時間で50匹程度と、好釣果でした。
前回と同様、「ペレットタイムまん丸」が特に高反応でした。

工房 スロータイムの「ミルワーム」「ペレットタイム まん丸」は好評発売中!

ミルワーム ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸
※画像をクリックで商品ページにジャンプします。

ハンドメイドルアーの爆発力/5時間で60匹の釣果(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

3月24日(木)、前々から気になっていた日本イワナセンターさんに行ってきました。

午前8時頃から5時間コースの釣行です。
まあ、雪の積もり方のすごいこと。
ここはほんとうに沼田市内?といった感じで、朝は一面の雪景色。
お客さんは全部で5人ほどと実質的にはほぼ貸切状態です。

slow-time-160327-1
slow-time-160327-2

それにしても、ここは水がキレイです。
ボトムまでクリアに見えるし、当然泳いでいるトラウトもまる見えです。
それにしても寒い。基本晴れですが、朝方は、雪もチラチラと降ってました。

朝一番は、クランクベイトやリップレスミノーをローテしながら投げてみます。
クランクベイトでは、チビパニ、トレモS、ライス22など、リップレスミノーでは、ワンダー50、シャローマジックなどでヒットし、一番よかったのは、トラウトアイランドさんのオリカラのトレモSでこれで3本ほど釣れました。
マイティーペッパー35でも2本ほど釣れました。
いつも釣っているピコラミニも投げてみましたが、残念ながら、今日は釣れませんでした。

Xステッィクも投げましたが、3匹ほど釣れたものの、反応自体は今ひとつでした。

ペレット系ルアーも投げてみます。
けっこうアタリがあるものの食いが浅く、なかなかヒットしません。
リアルマイクロのチョコチップブラウンで何とか3匹釣りました。
水がクリアなので、魚がルアーを見切るのが早い感じです。
釣るには、ほんの少しにごりがあった方が都合がいいのかも。

次は、自作のルアーです。
実績の高いゆるペレから投げてみますが、アタリがありません。
粒丸でようやく1本釣れましたが、ペレット系は意外と厳しい感じです。
じゃ、虫かということでミルワームを投げてみるとけっこういい感じです。1投目からアタリがあり、4匹ほど釣りました。
slow-time-160327-7

slow-time-160327-8

slow-time-160327-6

slow-time-160327-5
ここまでで、24、5匹ほどでしょうか。
時間は12時ちょっと前で、残り時間はそうありません。
いつもは、あまり使っていないバベルを試してみようと投げたところ、1投目でヒットし、釣れます。
ん、これって、まん丸いいんじゃないのと思い、ダークブラウンを選び投げたところ、これがビンゴ。1時間ほどの時間、まん丸のダークブランのみで、ほぼ入れ喰いの状態が続き、35、6匹のトラウトを釣り上げました。
ペレットタイムの売りである「漁具のようなルアー」、まさにそのとおりの釣れっぷりでした。
釣ったトラウトをネットインしているときに、水中にまん丸をたらしたまま取り込んでいたところ、ネットインしたのをリリースする前に、もう次のトラウトがかかっていることも、3、4回ほどありました。
slow-time-160327-10

slow-time-160327-4

slow-time-160327-3

この日は、5時間で60匹程度と、自分でも驚きの釣果でした。
市販品のルアーと違うアピールのできるハンドメイドルアーの力を改めて感じました。
slow-time-160327-9

※  ※  ※  ※

工房 スロータイムの「ミルワーム」「ペレットタイム まん丸」は好評発売中!

ミルワーム ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸
※画像をクリックで商品ページにジャンプします。

マイクロサイズのフェイクワーム「ミルワーム ジョイント」登場

虫エサは、魚種を問わず魚たちが大好きな定番のベイトです。
ただ、トラウトの管理釣り場では、水質保全などの目的でソフトルアーが禁止となっていることも多いです。

そこで活躍するのが「ミルワーム ジョイント」。
工房スロータイムの新製品です。

ミルワーム ジョイント ※画像をクリックで商品ページへジャンプします。

ミルワーム ジョイント
※画像をクリックで商品ページへジャンプします。

虫をモチーフにしたハードルルアーで、3.6センチの極小サイズながらジョイントタイプとなっており、ニョロニョロと水中でうごめく虫を演出します。
カラーリングもトラウトの飼料としても使われるミルワームやブドウ虫の幼虫をイメージしたベージュ系とブラウン系をラインナップ。
オリジナルカラーに塗っても楽しめます。

釣果もこの通り。

ミルワーム ジョイントでの釣果

ミルワーム ジョイントでの釣果

ジョイントしていないタイプもあります。

ミルワーム ※画像をクリックで商品ページにジャンプします

ミルワーム
※画像をクリックで商品ページにジャンプします

製作者の工房 スロータイムさんが、この度ブログを開設しました。
ルアーの製作情報や釣行記などを更新していくとのことです。
こちらも是非チェックしてみてください。
木粉粘土でハンドメイドルアーを作る

ミルワーム&ペレットタイム 粒丸をリリース(工房 スロータイム)

工房 スロータイムから新商品「ミルワーム」&「ペレットタイム 粒丸」がリリースされました。

ワーム型のハードルアーである「ミルワーム」は、その名の通り、ミルワームやブドウ虫などの虫エサに慣れたトラウトに効果が絶大のルアーです。
約2.5センチのボディサイズは、多くの管理釣り場のレギュレーションをクリアします。

ミルワーム

ミルワーム

これまでのペレットタイムよりボリュームアップした「ペレットタイム 粒丸」は、1グラムの程よいウエイトで飛距離が伸び、広範囲を手返し良く探れるようになりました。

ペレットタイム 粒丸

ペレットタイム 粒丸

工房 スロータイムのペレットタイムシリーズは、管釣りの必殺ルアーとして多くの実績を上げています。
先日お客様から釣果写真の提供をいただきました。
ペレットタイム まん丸のブラウンでイワナが大量とのこと。
customer-report-160221

管釣りでどうしても一匹モノにしたいときの最終兵器として、タックルボックスに忍ばせてみてはいかがでしょうか。
豊富なペレットタイムのラインナップは、下記ページからご覧ください。
※釣り場のレギュレーションによっては、ペレットタイプルアーは使用できない場合がありますのでご注意ください。

ペレットタイムまん丸

工房スロータイム

「ミルワーム」「ペレットタイム 粒丸」販売準備中/工房 スロータイム

工房 スロータイムから、新作ルアー製作情報が届きました。

※  ※  ※  ※

ビルダー本人が釣行で使用して釣果を上げている「ミルワーム」及び「ペレットタイム粒丸」ですが、製作が完了し、販売ができそうな見込みです。

まず、「ミルワーム」ですが、サイズが約25ミリ、ウエイトが0.7g前後。

ミルワーム

ミルワーム


ソフトプラスチック製でなく、マテリアルが木製(木粉粘土)のハードルアーとなるので、エリアでのレギュレーション上も問題なく使用可能です。
サイズも約25ミリなので、20ミリ以下のサイズのルアーが使用禁止でも使っていただくことができます。
ただ、ペレットタイムと同様に、アクション、動きで魚にアピールする要素は少ないので、濁りのきつい、あるいは広い釣り場での使用には向いていません。
水がクリアで小規模の釣り場、あるいは岸近くに魚が多くいる場面での使用が効果的です。

次に、「ペレットタイム粒丸」ですが、サイズが約12ミリ、ウエイトが1.0g前後。

ペレットタイム粒丸

ペレットタイム粒丸


釣行の際に釣果を上げている「リアルスローシンキングもどき」がベースとなっています。
ウエイトが1.0g前後となっており、従来のペレットタイムよりも広範囲を探ることができ、投げやすいため、初心者の方でも扱い易い仕様となっています。

※  ※  ※  ※

ミルワームはソフトルアーにスレたバスなどにも使えそうなシルエットのルアーですね。
「ミルワーム」「ペレットタイム粒丸」は、現在販売準備中となっております。
近日中にショップにアップしますのでお楽しみに!

新作のペレットタイムスリムで連釣(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

12月24日(木)、川場FPさんに行ってきました。

午前6時頃から、午前中半日の釣行です。
水の流入するところが、空いてましたので、そこで釣り始めます。
まだ、辺りが薄暗いので、アピールの高そうなものがいいと思いまして、グラスホッパーを投げたところ、2連装で釣れました。
しかし、後が続きません。
試しに、自作のもどきなど投げてみますが、反応なしです。
だいぶ前の釣行で、クランクベイトベイトがよかったことを思い出し、ライス22やバビー、ミニシケイダーなどを投げてみるものの反応なしです。
少しもぐるつぶアンでどうかと試したところ、単発で1匹釣れますが、後が続きません。
ゆるペレやら、もどきやら自作のペレット系ルアーや先に投げたクランクベイトをローテーションさせて投げますが、反応が薄く釣れません。

手がないときの切り札のひとつXスティックを投げてみますが、これもダメ。
まだ少し暗いため、ある程度はアピールするルアーの方がいいのかもしれません。

川場FPさんのHPでよく大きいのをかけているワンダーのことを思い出し、たまたま目についた似たようなシャローマジックを投げて着水後ゆっくりただ巻きしてみたところ、1投目からヒットし、10連装です。

これが本日一番のヒットルアー、一見するとノタノタと弱々しく動くだけでアピールは強くはないですが、これが効果的でした。
また、ここは勢いよく水が流入しているため、自動的に若干イレギュラーな動きが自然に入るようで、それもよかったのかも。
反応が悪くなってきたので、似たようなリップレスミノーのワンダー、ジャイブとローテし、5匹ほど追加しました。

自作のペレット系ルアーの中でも、これまではあまり出番のなかったペレトタイムスリムを投げてみると5連装。いい感じで釣れます。
PC210007_s

PC210009_s

PC210018_s

でも、ゆるペレやもどきでは反応してくれません。
今日は細長い形状のルアーへの反応がいいようです。
いつも混んでいるイメージの川場さんですが、今日は平日であることも差し引いても、14、5人程度と比較的ゆったりと釣りができます。
なので、近くの別の場所に移動です。
リアルのスローシンキングを投げると、1投目できました。
PC210012_s

でも、後が続きません。
ピコラミニを投げると、単発ですが、きれいなブルックが釣れました。
だいぶ明るく、暖かくなってきたので、自作のペレット系ルアーやXスティックでいけるかもと思って投げてみますが、いずれも単発か2匹程度パラパラと釣れる程度。
でも、何とか10匹程度を追加しました。
単純なパターンで連発しては釣れませんでしたが、自作のスポンジボブのクランクベイトやミルワームでも釣れてよかったです。
PC210017_s

川場さんは水がきれいでミルワームを使っていると魚の反応がよく見えてサイトフィッシングが楽しいですね。

宮城AVさんと違い、川場さんは営業時間内のペレットまきは特にないので、ペレット系ルアーでの釣果は、どうしてもばらつきが出てしまいますね。

今日もオリジナルペレットタイムは出番なしです。
最近は、オリジナルペレットタイムは本当に何をしても釣れないときの最後の切り札的ルアーになっていまして、今日は他のルアーでもそこそこ釣れたため、1回も投げることなく、納竿となりました。

※  ※  ※  ※

工房 スロータイムの「ペレットタイムスリム」「ゆるペレ」は近日発売予定!

「ペレ虫」」「ペレットタイム」「ペレットタイム まん丸」はボーダーヘイズで販売中です!

ペレ虫

ペレ虫

ペレットタイム

ペレットタイム

ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸

詳しくは商品詳細ページをご覧ください。

トラウト40本、8割をハンドメイドで(工房スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行記  ※  ※

平成27年11月27日(金)、沼田FPさんに行ってきました。

久々の沼田FPさんでの釣行です。
午前7時から釣りを開始しますが、寒い・・・です。
本日は、ここ沼田では、朝方氷点下まで気温が下がり、釣り始めたときの気温は1度。
朝方はとにかく寒かったです。
受付前に陣取り、自作のゆるペレを投げますが、反応なしです。
寒いのですが、意外と水面に波紋ができてる状態で、ミニシケイダーやライス22など投げてみたけども反応なく、やや潜るつぶアンやふわトロなんかも試しますが、こちらも反応なしです。
場所を反対側に替えて、ミニグラスホッパーを投げたところ、49センチのドナスチが釣れました。

これが、当りルアーかと思い、続けて投げますが反応なしです。
表層系でも微妙に素面下を探れるHMKLのウネRに替えてみたところ、グッドサイズがヒットしたんですが、ラインブレイク・・・それも、立て続けに2本も・・・。
とほほ・・・です。
クランクベイトでの当たりがなくなってきたので、再度、ゆるペレを投げたところ、すぐ、当たりがあったんですが、惜しくもばらしてしまいました。
その後は、悶絶タイムで、手を替えいろいろ試しましたが、30分くらい当りすらない状態が続き、仕方なくプラクティスポンドに移動しました。

こちらは、サイズこそ小さめにはなるもののすこぶる高反応です。
こちらでのファーストフィッシュは、新作ハンドメイドルアーのミルワーム(仮称)で釣りました。
PB070052
PB070024
PB070014
すこぶる反応がよく5連装です。未塗装のブランクだけの状態ですが、よく釣れます。
ついでに、ジョイントのでも釣れました。
PB070043
続けて、これも新作のサシ(仮称)にもヒットしたんですが、1キャストでヒットするもラインブレイク・・・。
続けて、ゆるペレです。これが本日の一番のヒットルアーでした。形状を少し変えた頭のリップ部分が大きいのも、やや長めにしたものも、ついでにアリさんカラーのもとてもよく釣れました。
PB070040
PB070045
リップ部分大き目タイプのは初めて型取り製作したものですが、手作り版よりほんの少しだけゆれがきっかりと動く感じです。それでも、市販品の他のルアーよりもずっとずっとゆるい動きです。
やや長めに作ったのは、ラッキークラフトさんのワンダーに少し似た感じの動きですが、やはり市販品にはない独特の動きをしてます。
アリさんカラーは単なる色違いですが、ペレット系カラーに反応が薄くなったタイミングで使うとよく釣れました。
ハンドメイドの極小サイズのクランクベイトにも高反応で、ペレットカラー、アリさんカラーともよく釣れました。
PB070056
PB070060
他には、Sクラフトさんの金平糖で1本。
こしアンで2本。
どっこい製作所さんのスピニースピピで2本、ピコラミニで2本、リアルスローシンキングでも1本釣れました。
スピニースピピでは初めて釣れたので、少しうれしかったです。
スピニースピピは軽くシェイクしてステイ、ピコラミニはデッドスローリトリーブの棒引き、リアルスローシンキングはいつものリフトアンドフォールで釣りました。

こちらのプラクティスポンドも表層での反応がよかった印象です。
スプーンも試してみましたが、全く反応なしでした。
午前中半日で、40本ほどの釣果でしたが、本日はオリジナルペレットタイム及びXスティックの使用を封印し、8割がたくらいが自作ハンドメイドルアーによる釣果だったので、内容面では非常に楽しく充実した釣行となりました。

※  ※  ※  ※

工房 スロータイムの「ペレ虫」」「ペレットタイム」「ペレットタイム まん丸」はボーダーヘイズで販売中です!

ペレ虫

ペレ虫

ペレットタイム

ペレットタイム

ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸

詳しくは商品詳細ページをご覧ください。

ゆるペレに高反応/ミミズルアーでも釣果(工房 スロータイム)

※  ※  工房 スロータイムによる釣行レポート  ※  ※

川場FPさんに行ってきました。

午前6時頃から釣りを開始します。
初めての土曜日の釣行です。
休日だけあって、すごい人混みです。

前回と同じ場所に入りたっかたのですが、既に釣っている人がおり、残念ながら、近くの 別の場所で釣りはじめます。
他にもよさそうなポイントはあるものの、既に人がびっしり入っており、今ひとつといった感じのポイントしか空いてませんでした。

先日、実績のあった自作クランクベイト(*以後「ゆるペレ」と呼びます。ゆるゆると揺れるように動くペレットルアーのため)を中心に自作のペレット系ルアーを投げますが、反応なしです。

気分を変えて、クランクベイトを試すと、この日初めて使う「ちびトロ」に好反応で、カラーチェンジをしながら、5匹釣れました。
しかし、ここまで釣ると反応が悪くなり、当りすらない状況が続きます。
これが、休日の釣り場の特有のプレッシャーが高い状況かと思うと、さにあらず、上手なアングラーはしっかり釣ってます。

自分が、入りたかったポイントで釣っている方も順調に釣果を伸ばしています。
こうなるとこの場所に入れなかったのが残念ですが、こればかりは仕方ありません。

再度、ペレットルアーやスプーン、ミノーなどいろいろと探りを入れてみますが、なかなか釣れません。
また、クランクベイトを投入します。
つぶアン、ふわとろ、エアブロー、ちびパニクラSR、バービー、プチモカなどとローテーションをして、クランクベイトのみで、何とか10匹を追加しました。
つぶアンでは、47.5cmのグッドサイズのロックトラウトが釣れました。

でも、いつもの得意のパターンではなかなか釣れず、再度、自作ルアーやどっこい製作所さんのリアルなども投入しますが、反応なく、厳しい状況が続きます。

仕方なく、Xスティックを投げます。さすがに釣れますが、3連装の後は音沙汰なしです。
自作ルアーの中でも、まだ使ってなかった「らせん状ミミズルアー」を投げてみたところ、1匹だけ釣れました。
slow-time-150929-003

でも、また釣れない状況が続き、とうとう11時を過ぎても、釣果がトータル19匹と厳しい状態です。

11時半を過ぎ、近くで釣っていた2人組の方が帰り支度をし、場所が空いたので、移動して、そこで釣ります。
「ゆるペレ」を投げたところ、なかなか好反応で、20分足らずで6連装です。
slow-time-150929-002
slow-time-150929-001
slow-time-150929-004
釣果が思うように伸びなかったのは、腕やルアーローテーションばかりが原因ではなく、自分がこれまで釣っていた場所も残念ながら今ひとつのポイントだったこともあるようです。

できるならば、平日に釣行をできるようにして、また、ある程度、同じ釣り場さんに通い、ポイントを熟知することが重要だと感じました。(*川場FPさんは今日で3回目です。)
釣った匹数は今ひとつでしたが、今回のように1匹だけでもサイズのいいのが釣れると、それはそれで楽しい釣行となりました。
また、「ゆるペレ」や「らせん状ミミズルアー」などなど、魚を釣った自作ルアーもだんだんと増えてきており、こちらも今後楽しみです。

※  ※  ※  ※

工房 スロータイムのラインナップに、ペレットパターン、虫パターンで使える「ペレ虫」が追加されました!

ペレ虫

ペレ虫

さらに、ペレットタイム、ペレットタイム まん丸には新色を追加!

ペレットタイム

ペレットタイム


ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸

詳しくは商品詳細ページをご覧ください。

ハンドメイドルアー絶好調/川場FPでトラウト多数

※  ※  工房 スロータイムによる釣行レポート  ※  ※

川場FPさんに行ってきました。

午前6時頃から釣りを開始します。
先日と同じ水の流入するところで釣り始め。
前回の釣果でよかった自作のリアルスローシンキングモドキ、リアルと続けて投げますが、反応なしです。
ペレットタイムの虫シリーズのハチ、自作のスモールクランクベイト、ペレットタイム改(*やや細長)を投げたところ、1匹ずつ釣れました。
slow-time-150920-006
slow-time-150920-005
次にクランクベイトを試し、チビパニクラSRを投げたところ、今回も反応がよく、5連装。
がしかし、その直後、キャストミスで杭にラインを絡めてしまって、残念ながら、ロスト・・・。
気を取り直し、バービーフローティングを投げたところ、3連装。
これも直後、またヒットしたのですが、杭の際に逃げ込まれ、ラインが絡まり、ラインブレイクで、ロスト・・・。立て続けのロストでがっくりです。
slow-time-150920-002
続けて、ライス22を投入し、2匹釣れました。
次に、Xスティックを投げて、これでも3匹。
自作のXスティックもどきでも1匹釣れました。
スプーンでも、釣ってみたいとプリッジを投げ、これで2連装。
どっこい製作所さんのピコラミニのポテトブラウンを投げたところ、3連装。

ペレットルアーもまた試そうと思い、自作のリアルスローシンキングモドキ、ペレットタイム(まん丸)投げてみたところ、好反応で8連装。今日もよく釣れました。
いつものどっこい製作所さんのリアルスローシンキング、リアルマイクロも投げてみます。マイクロには当りがあったものの、ヒットせず、今日は残念ながらリアルでは1匹も釣ることができませんでした。

次に、自作のペレット系のクランクベイトを投げてみますが、これが今日の一番の当りルアーで、茶系、赤茶系とローテしながら、20連装と、とてもよく釣れました。
slow-time-150920-003

slow-time-150920-001
正午まで、このヘンテコ自作ルアーで爆釣状態が続き、納竿となりました。
前回に引き続き、2個のルアーをロストしましたが、半日で50匹ほどの釣果を上げることができ、楽しい釣行となりました。

やや大き目の赤茶系の方は釣れ過ぎで、大きいサイズを釣った訳でもないのに、フックが疲労で折れてしまいました。
#10と小さ目の細軸フックではありますが、半日足らずで、釣れ過ぎでフックが折れたのは初めてです。

自作のペレット系のクランクベイトですが、形状は、ヘドンのタドポリーを押しつぶした感じで、超小型のスローシンキングで、泳ぐときは、タドポと上下が逆の状態で泳ぐといえば、近いイメージでしょうか。
slow-time-150920-004
作り込みが甘く、中学生の夏休みの宿題で作ったといってもおかしくないようなデキで、ビルダー本人も全く期待してなかったので、よく釣れてしまい、本当に驚いています。
動きは、どっこい製作所さんのピコラミニと対照的で、スローに巻くとちょっと見だと全く動いていないように見えますが、よく見るとボディーがゆっくりとゆれ、時々イレギュラーなゆれが入る感じで市販のルアーでは全く見たことのない妙な動きです。ミディアムスピードで巻くと初めて、ほんとにゆっくりとウォブリングするといった感じで、この日は超スローリトリーブの棒引きで使ってました。

この日は、ハンドメイドルアーの威力をまざまざと感じさせられました。
市販品にないオリジナルな動きや形状、アピールなどが、時としてとんでもない釣果を引き出すと痛感しました。

※  ※  ※  ※  ※  ※

工房 スロータイムの「ペレットタイム」「ペレットタイム まん丸」は、現在ボーダーヘイズのショップにて販売中です!

ペレ虫

ペレ虫

ペレットタイムまん丸

ペレットタイム まん丸

ペレットタイム

ペレットタイム