ウェーディングで、河口を回遊するビックバスをゲット(アッパーリップベイト)

※  ※  アッパーリップベイトによる釣行記  ※  ※

2016年7月21日、晴れ、北東から強めの風、波やや高め、水若干マディー、17:30にポイント琵琶湖・真野川河口に着、普段は4~5人のアングラーをよく見るのだが、本日は他のアングラー無し。風向きにあわせて南に面したエリアで、マグース・バーブ付(センターフック無し)をキャスト。
河口に集まる魚を狙ってバスが回遊してくる。今年は小魚への意識が高いようで、マグースへの反応がいい。小魚があまり跳ねていなかったので、10~15秒カウントダウンして釣れた。
スレたバスに対して、常に竿先にルアーのバイブルを感じる程度のリトリーブスピードがベストで、それより遅いと、カカリが浅くなりバラシやすくなり、早いと、追いきれずにアタリが減少する。
1時間30分で、バラシも無く、20~25cm位の子バス6匹と、15cmのブルーギル1匹を含む、49cmのブラックバス1匹をゲット。
upper-lip-160724-002

upper-lip-160724-001

upper-lip-160724-003

そのビッグバスは、引きに重みがあった。ジャンプされないようにゆっくりと、しかし、ウィドー等に潜り込まれないようにゆるすぎず、慎重に引き寄せ、最後は浜辺にズリ上げて無事ランディング。
小魚が深場に移動したのか、19:00前からアタリが減少したので納竿。

※  ※  ※  ※

アッパーリップベイトのマグースは、ボーダーヘイズで販売中です。

アッパーリップベイト「マグース」

アッパーリップベイト「マグース」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>