トップページ>>ルアー>>チヌ

チヌ用ルアー

ルアーのターゲットとしてすっかり定着したチヌ(クロダイ)。
北海道南部から南西諸島まで、日本列島には数種類の近縁種が生息していますが、チヌ(クロダイ)とキチヌ(キビレ)の2種がよく知られています。
「チヌ」という呼び名は、もとは関西方面で使われていたようですが、現在ではこちらの方が一般的になりつつあります。
主に沿岸域に生息し、ルアーターゲットとして認知される以前から釣りの対象として人気の魚です。

水温が上昇する初夏〜秋口にはトップウォーターのルアーに果敢にアタックしてくる魚ですが、通常はエビやカニ、イソメなどの底生生物を常食としているため、視野は前方からやや斜め下を向いています。
使用するルアーはチヌの視野に合わせ、ボトムからミドルレンジのものを使うのが釣果に結びつきやすいでしょう。
ボーダーヘイズでも、チヌをターゲットとして意識したルアーをラインナップしています。
チヌ

ボトムランナー

クラフツマンルアーズのボトムランナーは、チヌのために開発されたラバージグ。
口のあまり大きくないチヌが捕食しやすいように、一口サイズに仕上げてあります。
ボトムで「つまづきアクション」をさせることで、チヌが好む底生生物の動きを再現します。
ボトムランナーの釣果

ソリマティーヘッド

夜更かし倶楽部のソリマティーヘッドは、起き上がりこぼしの要領でボトムで立ち上がり、根掛かりを低減する工夫が凝らされたジグヘッドタイプのルアーです。
ゴロタが点在するような攻めにくいエリアでの釣りで活躍します。
ソリマティーヘッド

Grani(グラニ)

コルトプレインフィッシングワークスのGrani(グラニ)は、シャローレンジを広範囲に探れるスローシンキングタイプのリップレスベイト。
ロープレッシャーなルアーなので、他のルアーで食いの浅い時に活躍してくれます。
グラニ

Llamrei(ラムレイ)

コルトプレインフィッシングワークスのLlamrei(ラムレイ)は、音と飛沫、パニックアクションで誘うスイミングペンシル。
一口サイズの程よいボリューム感でバイトを誘発します。
ラムレイ

ABONI Miracle Popper

KEN ABONIのABONI Miracle Popperは、カップ状になったヘッド部から発するポップ音で誘うリップレスミノー。
水面直下を泳ぎ、音と波紋、フラッシングで誘います。
ABONI Miracle Popperによる釣果(クロダイ)

関連ページ



関連情報
ルアーメイキングのススメ

お問い合わせ
ご質問等は
info@border-haze.comまで。

スポンサーリンク