冬のバス釣りでラバージグは釣れる?トレーラーは何がおすすめ?

釣れない時こそ、ハンドメイドルアーの出番です。→ショップを見る

冬のバス釣りで鉄板のルアーとしてはメタルバイブやメタルジグですが、ラバージグも欠かせないルアーになります。

ここでまだ冬にラバージグで釣ったことが無い方や、使ったことが無い方からすると

  • そもそも冬にラバージグって釣れるの?
  • どうやって使ったら良いの?
  • おすすめのラバージグやトレーラーは?

など疑問に思うと思います。

今回の記事では、この3点をテーマに絞っていこうと思います。それでは早速始めていくことにしますね(^ ^)

読みたい場所にジャンプ

冬のバス釣りでラバージグは効果的?

私の経験上では冬のバス釣りでラバージグはかなり有効だと感じています。

その理由としては

  • 深場を丁寧に探ることが出来る
  • シャローのカバーも攻めることが出来る
  • 色んな使い方が出来る

この3つですね。

冬にラバージグ が有効な1番の理由としては、『深場を丁寧に探る事ができる』からです。

他の記事でも書いていますが、冬のバスは深場でじっとしている事が多いので、深場を丁寧に探れるラバージグは強いですね。

また冬場は深場だけでなく、浅場にも上がってきているバスも結構います。こういった浅場のカバーやストラクチャーを撃つのにもラバージグは適しています

ラバージグは基本的に撃ちものとして使う事が多いのですが、使い方によっては巻物として使うこともできます。ラバージグは、冬だけに限らず、オールシーズンで活躍するルアーだと思いますね。

冬の野池でラバージグをどう使う?

冬の野池で、もしラバージグを使うとしたらどのように使えば良いのでしょうか?

順番としては

  • シャローエリアのカバーを撃っていく
  • だんだんと深いエリアも撃っていく

この2つの順番で攻めていきましょう。

カバー周りを撃つ前に、バイブレーションやスピナーベイトで全体的に巻いてみるのも非常に効果的です。

冬でもシャローにバスは上がっている可能性は十分あるので、フィールド全体を巻きの釣りでチェックした後に、シャローのカバーを1つ1つ撃っていきましょう。

シャローをチェックした後は、だんだんと深いエリアも探っていきます。

冬の野池は、意外と『池の真ん中』で釣れたりもするので、幅広く深場をチェックしていきます。

ポイントとしては

  • しっかりと底を取る(底まで沈ませる)
  • スローにズル引きする

この2つが基本です。

具体的な細かい使い方は、別の記事で紹介しています。

ただ、やはりこの2つが基本中の基本です。

底をしっかり取って、そのあとはスローに底を感じ取りながらスローに引いてきます。何か障害物に当たれば、底場でシェイクして誘ったりするのも非常に効果的ですね。

おすすめのラバージグやトレーラーを紹介!

この章では私のおすすめラバージグ&トレーラーを紹介していこと思います!

おすすめラバージグ

私が大好きな木村健太さん(キムケンさん)プロデュースのラバージグですね。キムケンさんの釣りをみていると分かると思いますが、こういったジグで効率よくシャローを撃っていってますね。

このジグで、シャローで反応がなければ、沖へロングキャストして、シェイクしながら巻いてきたり、ズル引きしたりして広範囲に手返しよく探っていきます。

おすすめは3/8ozですね。

冬は1/2ozを使う人も多いと思いますが、個人的には少し重く感じるのと、ラバージグの操作性が悪くなる感じがします。3/8ozだと、トレーラーをつければちょうど良く、シャローもディープの効率良く攻めることができます。

おすすめトレーラー

ラバージグといえば、昔からクロー系が定番ですね。シャローを撃つも良し、ズル引きする良し、色んな使い方が出来ますからね。

ラバージグのトレーラーにシャッドテール系のワームを付ける場合もありますが、特に冬は底をズルズルと引いていきたり、一箇所でシェイキングしたりすることが多いので、そういう使い方には、このドライブクローのようなトレーラーが一番フィットすると感じています。

まとめ

今回の記事では、『冬のラバージグ』をテーマに紹介してきました。

もう1度記事の重要なポイントをまとめていくと

  • 冬のバス釣りにラバージグは効果的!
  • シャローエリアを丁寧に撃った後に、深いエリアを攻めていこう!
  • ラバージグは使いやすい3/8ozがおすすめ!
  • トレーラーはクロー系のワームが鉄板!

です。

これらのことを意識して、冬のバス釣りでラバージグを使えば、確実にバスをキャッチすることができると思います。私も12月の寒い中、3/8ozのラバージグ(ケイテックのラバージグにカスタムトレーラー)で49センチのバスを釣り上げたことがありますが、本当に嬉しかったです。

確かに数はなかなか釣れないですが、冬には一発でかいのが釣れたりします。

是非今回の記事も参考にしてみてくださいね。

それでは最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

快適な釣り環境を整えよう

バス釣りの時に意外に便利なのが、釣り用に特化したバッグです。

アブのショルダーバッグは、ロッドホルダーやボトルホルダーがついていて、釣行に必要な道具をすべて収納できます。

ぜひ、以下から口コミも見てみてください。

JIM
バス釣り歴約15年以上のJIMです。これまでの経験をもとに、初心者さん向けにバス釣りの魅力を発信しています!
・これまでに釣ったバスの最高サイズ:56センチ
・好きなルアー:スピナーベイト スイムベイト
・好きなメーカー:シマノ
・愛用タックル:ワールドシャウラ、スコーピオン
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたい場所にジャンプ